東大や京大にもない!ドイツの名門アーヘン工科大学あるある!!【ドイツ正規留学・留学】

ドイツにある工科大学の名門アーヘン工科大学はオランダとドイツの国境近くにある大学で、ケルンから1時間そしてデュッセルドルフから1時間半と賑やかな街から距離を置いた大変静かな街です。そんなアーヘン工科大学は、日本の大学だけでなくドイツの大学と比較しても変わった大学として知られています。
今回はそんなドイツでも一風変わったアーヘン工科大学を今回はご紹介したいと思います。




昨日まで一緒にいた友達が突然消える!

 

アーヘン工科大学あるあるで多くの学生が一度は経験したことがあるのが、突然友達が失踪してしまうことです。アーヘン工科大学のカリキュラムをストレートで卒業する学生は全体の10%以下また、卒業達成率は50%と極めて狭き門です

最初のゼメスター(学期)で挫折する人も多く、今まで一緒に勉強していた友達と突然連絡が取れなくなったり、休み明けには退学していたなんてよくある話です。明日は自分かもしれません。しっかり勉強しましょう!!

脅威の男子率!!

 

アーヘンは4人に1人が学生であることから学生の街で有名で、非常に男性率が高く学生の約70%男性と極めて高い率を誇ります。

医学部は対照的に女性の率が高いのですが、大学講義棟の場所が他学科の建物からバスで15分と離れた位置にあるので理系の棟はさらに男子率が高くなります。
結果アーヘン学生(医学部を除く)は男子学生は高専病になることが多い。
※高専病については別途検索してください。

テスト期間2カ月に繰り広げられる図書館戦争!!

 

アーヘン工科大学学生のテスト期間は多忙です。ただでさえ学期中でも混んでいる図書館に、普段の何倍もの学生が殺到します。

テスト期間では開館30分前に図書館前で並ばないともちろん席は取れないので、しばしば座席の取り合いで喧嘩になる学生がおり、それを重く見たアーヘン工科大学は2017年より学内に仮設テントを用意するなど対応に苦労しています。

2017シーズンでは勉強し過ぎで救急車に運ばれる学生や鼻血を出しながら勉強に臨む学生が目立ちました。おそらくアーヘン学生になると楽しいキャンパスライフを送れるでしょう。

日曜日に買い物行く?だったらオランダ!

 

ドイツでは日曜日にスーパーやデパートが閉まるので普通は日曜日に買い物できません。

でも、アーヘンなら安心!!学生定期券を使ってオランダまで買い物に行くことができます。寮によっては歩いてオランダまで行けるので学生には優しい街ですね!!

 

授業は先輩?週に3時間以上ある上級生による授業!

 

アーヘン工科大学では教授の授業以外に週に3,4回少人数制(20人程度)の学部生による授業があり、教授の授業よりもわかりやすく問題集の問題や課題の解説を中心に行われます。

同大学では良い成績を取ると、希望すればその授業のティーチングアシスタントを行うことができます。
仕事の内容は自分が受け持つ授業のスクリプト準備から課題の採点、テストの試験官など日本のTAよりすこし忙すが、仕事時間に応じて給料の他に単位も出ます。



年に一回行われる白熱のアイスホッケー!

 

アーヘン工科大学名物である学内アイスホッケー大会です。
学科別で行われる年一回のホッケー大会はいわばハリーポッターのクィディッチのように大変盛り上がります。

人気がある大会であるためチケットの前売りは早朝5時から始まるほか、ダフ屋がチケットまとめて購入しインターネットで高値で販売するなど違法まがいの行為も多数あります。ちなみに去年の最高チケット価格は1枚50ユーロとプロサッカーの試合チケットほど跳ね上がりました。

アーヘン工科大学のソフトボールチームの公用語は日本語とドイツ語?


アーヘン工科大学では学期初めに大学スポーツに登録することができ、その中の一つにソフトボールがあります。

プレーしている参加者にはもちろんドイツ育ちの日本人やハーフの方までドイツ人の次に日本人が多いほど、
日本人率が高く留学に来たばかりの方でも安心して参加することができます。デュッセル育ちの日本人学生は一度見学に行くのが慣例となっているとかいないとか…

 

授業中にアルコールを飲んでいる学生がいる

学期も冬になると大学の敷地内でグリューワインが販売される光景を目にすることができます。

学生の中には授業の休憩時間に買いに来て、講義室に持ち込んで飲みながら授業を受けるほか、テスト機関最後の試験にビールを持ち込みテスト終了のコールとともに「終わったぜ~いえええ」とビール飲み始めます。大変ドイツらしいですね!

グリューワインは、ワインと香辛料などを温めて作るホット・カクテルの一種。一般的には赤ワインで作られるが、白ワイン由来のものも存在する。11月中旬から開かれる各地のクリスマスマーケットで楽しむことが出来る。日本ではホットワインとも呼ばれるが、これは和製英語である。フランスではヴァン・ショーと呼ばれる。-参照Wikipedia

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です