ドイツ留学の条件?最速ドイツ語B1合格を目指せ!

ドイツ留学前に取得しておきたい資格ドイツ語B1!留学前にドイツ語の基礎知識がしっかりある人はドイツ語初心者と比べてもドイツ語の伸びが違います。特に限られた滞在時間で自分のドイツ語能力を目一杯伸ばすためには留学前の基礎ドイツ語知識は必須と言えるでしょう。ドイツ留学研究会ではその基礎ドイツ語力をゲーテB1に相当するものであると考えています。ここではそのゲーテB1試験合格までのおすすめ学習方法や試験アドバイスを紹介しています。




ドイツ語B1とは

明瞭な通常のドイツ語であれば、仕事や趣味や生活など日常的な事柄についてのドイツ語の発言や文章が理解できます。例えば、旅行中に出会うさまざまな出来事に対して、必要な対応ができ、また、自分の経験や夢・希望・目標などについて話すことができます。さらに、自分に身近なテーマあれば、意見を述べたり、その論拠を説明したりできます。Goethe-Institutの検定試験は世界中で高い認知度を受けており、語学能力証明として各国の企業および高等教育機関で高い評価を受けています。

引用:ゲーテインスティテュート

試験内容

・リーディング
ブログ、Eメール、新聞記事、広告、説明や指示を読み、主な情報、重要な詳細や見解や意見を理解できる。

・リスニング
アナウンス、短いスピーチや講演、日常会話やラジオ放送のディスカッションを聞いて、主な情報や重要な詳細を理解できる。

・ライティング(文章作成)
プライベートやオフィシャルなEメールを書いたり、フォーラムで自分の意見を述べることができる。

試験時間:165分

口頭試験(2人1組)
ほかの受験生と2人1組になり、日常のテーマ(例:「旅行」)について話します。相手の質問に答え、自分の意見を述べたり提案したりします。日常のテーマについてプレゼンテーションをしたり、質問に答えます。

ゲーテ公式サイト引用

試験時間:15分

成績

点数 / パーセント Prädikat
100 – 90sehr gut
89 – 80 gut
79 – 70 befriedigend
69 – 60 ausreichend

試験日程

公式ウェブサイトの試験日程

対策テキスト

ゲーテ対策テキストはアマゾンやお近くの書店で販売されています。対策テキストやゲーテからダウンロードできる過去問を使って試験対策をしましょう。

試験内容や形式や良い点を取るためのアドバイス、また問題を解く際の注意点などが細かく説明されています。練習問題は各モジュール1つづつと少なめですが、テストの流れを理解したいという方にお勧めです。

上記同様テストの流れや良い点を取るためのアドバイスまたModeltestが3回分,またB1試験に必要な語彙と文法の補修問題までついています。B1対策には大変お勧めです。過去問はなるべく早い時期に取り組み、早い時期に自分の弱い分野を見つけ効率よく学習するようにしてください。


文法対策

ドイツ語初心者の方は是非ドイツ語モジュールで基礎文法の確認から行いましょう。公式ホームページでは対策テキストも紹介されていますが、大学の無料ウェブ教材でも十分対策できます。

東京外国語大学言語モジュール

基礎ドイツ文法から一歩前に踏み出したい方にはこの一冊はお勧めです。B2までの基本的文法の詳しい説明から、それに関連した豊富な練習問題これはイツ語上級試験対策必須です。実はドイツ語語学学校の多くでこのテキストのコピーが用いられています。それだけドイツでもこの文法書の信頼は大きいものと言えます。

単語対策

ドイツ語B1試験の単語対策には新・独検合格 単語+熟語1800が最適です。
全ての単語をしっかりと扱えるように覚えましょう。単語学習の方法は人によって様々ですが、以下の4つの点を意識しながら学習を行うと効果的です。

単語を完璧に操るための単語帳学習術まとめ
①日本語からドイツ語への訳

②ドイツ語から日本語への訳

③正しい発音で言える

④正確に単語が聞き取れる

ドイツ語学習の始め方にお悩みの方は次の勉強方法をお勧めします

 

もうワンランク上の単語勉強!

だいたい1800語以上の単語を習得するともう市販の単語帳ではこれ以上のドイツ語向上は望めません。そうなると自分でニュースをよんでわからなかった単語をリストにして覚えていくのが一番はやいでしょう。

 

ライティング対策

日本人がドイツ語試験で高得点を狙えるのが作文問題です。作文テスト形式はB1試験でもほとんど固定なのでしっかりと練習すれば、成績がテーマに左右されやすいヒアリングや長文読解よりも高得点が狙えるでしょう。作文対策に関しては以下で詳しく説明しています。

リスニング対策

聞き取り練習の王道はニュースサイトやリスニングCDなどの音源から耳を鍛える方法です。聞き取り練習はタンデムや語学学校を通しても鍛えることができますが、B1試験ではインタビューやニュースまで幅広いテーマのドイツ語を聞き慣れておく必要があるのでぜひDeutsche Welleを活用しましょう。

聴き取りの練習では音声とスクリプトが両方必要になりますが、 Deutsche Welleでは音声とスクリプトのどちらも提供されています。

Top-Thema mit VokabelnではB1レベル相当の聴き取り練習ができます。
比較的短い音声が中心に収録されているので聞き取りが苦手な方にはTop-Themaがおすすめです。

AlltagsdeutschdではB1レベル相当の聴き取り練習が可能です。
音声は10分程度で難易度も試験レベルに相当します。

スピーキング対策

スピーキング対策ではタンデムが非常に有効です。タンデムとは日本人がドイツ人に日本語を教えるかわりにドイツ人はドイツ語を教えることを言います。スピーキングやリスニンング力向上のためには会話練習は欠かす事が出来ません。

タンデムパートナーを探すおすすめのサイトを以下で紹介しているので是非参考にしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です