『海外/留学先に持っていきたい日本のお土産百選!!』

留学に行く前に困る事の一つに『お土産選び』があります。

交換留学ならクラスメートにホームステイ先の留学ならホストファミリーにお土産を送れば、日本の文化や生活の様子を伝えられ、留学生にとっては最初の国際交流になるでしょう。

逆に一度久しぶりに会う友人やホームステイ先の家族に対しては昔送った日本のお菓子以外にも、ちょっと高価なものを送ってみても良いかもしれません。

今回はそんなお土産選びに苦戦している方に『外国人が驚いたり喜んだりするお土産リスト』をまとめてみました。

アインシュタイン先生
日本のお菓子は海外にはない味付けの物や見た目も特徴的で面白い物も多いのじゃ!これは外国人にはウケない!と思うものでも、以外と気に入ってくれたりする物もたくさんあるぞ!

海外留学に行く時にお土産を選ぶコツ!!

お土産選びで失敗しないコツ
  • 『あまり高価すぎる物を贈らない!』:初めて会うホストファミリーや留学先の同級生には、変に勘ぐられる事もあるので、高価な物を贈らない方が良いでしょう。
  • 『現地の食文化を少し考える!』:海外に行くと自分が想像しているよりも、様々な食文化を持っている人がいます。ビーガンやベジタリアンの方がホストファミリーにいるなら、彼らを意識したお菓子選びを忘れずに!
  • 『アニメグッズは事前にしっかり調査!』:模造刀や日本人形に並び、地雷率が高いお土産のが『アニメグッズ』でしょう。留学前にホストファミリーがアニメ好きかどうか分からない時は歌舞伎など『和風デザイン』がおすすめです。

ゲーテ先生
学校や大学の友達には『日本のお菓子』、ホストファミリーには『甚平』や『扇子』などお土産予算は5000円あれば十分でしょう。高価なお土産は日本に帰国してから、もう一度友達やホストファミリーに会う時がおススメです。

海外から持っていきたいお土産リスト

お土産データの読み方
  • 人気:⭐が多いほど海外に持っていくお土産としてポピュラー。
  • 値段:⭐が多いほど安くて留学先のお土産に適した価格帯。
  • 意外性:持って行った時に『こんな物が日本にあるなんて!!』と思わせられる期待値。
  • カサバ率:スーツケースに入れた時のカサバリ具合。⭐が多いほど嵩張りにくい。

ゲーテ先生
お土産に応じて『地雷』や『置き場所に困る』『空港持ち込み不可』といった特性も紹介していきますよ!