偏差値50だった僕が日本ではなくドイツの大学を選んだ理由

最初に

僕(@seiji_aachen)はアーヘン工科大学に入学して2年生になった。

中学高校時代は偏差値50くらいの平凡な学校に入学し、
そのクラスの中でもパッとしない成績だった。

そんな僕が世界ランク79位の大学に入学して大丈夫か?と最初は不安に感じていたし、
周囲もさぞ心配していただろう。

それでも今では普通に大学生を送れている。
そう偏差値50だった僕でも普通に単位が取れているのだ!

『あれ?海外の大学が難しいってデマなんじゃね?これなら努力すればだれでもドイツの大学でやっていけるぞ!』

と今では思っている。

ここで一つの疑問が浮かぶ。

『みんななんで日本の大学行くの?』

最近日本では日本の学費が高すぎて奨学金を返せずに自己破産に陥るなんてニュースをよく聞く。
僕的には正直かなり狂っていると思う。

また良い教育を受けた子供と同じ土俵(大学受験)に家計を切り詰め塾に通い挑戦するなんてなかなかにクレイジーだ。

そもそも、なぜ日本の高校生は沢山勉強して頭が良いはずなのに、
ライバルが多くてコスパの悪い日本の大学を選んでしまうのだろう?

今回、僕が日本の大学を選ばなかった理由をまとめてみることにした。

大学入学の思考順路:日本とアメリカ、ヨーロッパの大学生はこれだけ違う!!

海外の大学というとアメリカを思う方も多いだろう。
しかし実際有名大学はアメリカだけじゃなくて、むしろヨーロッパ発祥だ。

なので一概に欧米という括り方はできないので日本、アメリカそしてヨーロッパに分けて紹介したい。

まず僕が日本に居て思ったのが『大学にとりあえず行っておこうという』という考えの人が多い事だ。
日本は大学入学には何十万というお金がかかるうえに授業料も毎学期かかる。大学受験に必死になる人が多いが、自分が将来何をしたいのか?を考えてきた人は少ない。

だから同じ大学生の友達からよく聞くセリフが

『この学部じゃなくてあっちにするべきだった...』

以上のように1800年代の数学や科学、1000年以上前の古文は勉強するのに自分の将来したいを考えない人多い。
しかも授業料や入学金が高いので勉強に興味がなくなっても中々進路を途中で変えられない。

そんなことを言うと『アメリカはどうなんだ!!あっちも学費やら入学金が高いぞ!!!』いう人も多いと思うので説明しておくが、アメリカは大学に入学する前に仕事やインターンを通して、経験を積んで『もっとこの分野でキャリアアップしたい』なっていう人が大学に来る、そのために自分で奨学金を引っ張てきたり入学前に学費を貯めるのが普通だ。お金持ちは例外としても単純に大学に入学する思考順序が違う。

まとめて言うとアメリカでは【これしたい⇒実践⇒無理だった知識つけるために大学に入学する⇒勉強した分野で就職】
で日本は【高校卒⇒とりあえず大学行っとけ⇒大学⇒とりあえず就職しとけ】である。

しかし僕は日本のスタイルが間違ってるとは思わない。日本の社会ではとりあえず大学に行っていれば企業からそこそこ評価されるだろうし、勉強よりもサークル活動する程度に活発で明るいほうの学生(勉強時間<サークル活動時間+バイト時間の学生)を採用して就職してから勉強させる会社も多い。

ヨーロッパの場合は大学の学費がとにかく安い!!もしくは無料の大学がいくつもあるので大学に入学しても『あーこれ俺に合わね』って思ったら辞めて働いてもいい、大学の学費が無料だから自分の学部を止めて他の学部に入学し直す事もできる。それでも入学する前にはインターンをして本当に学びたい分野が自分に合っていかを見極める学生が多い事も事実だ。

まとめ
  • ヨーロッパは学費が安いので再挑戦にかかるコストが安い。
  • アメリカは大学入学する前に本当に大学入学の必要性を判断するまでの時間が長いので入学して後悔するというリスクが少ない。
  • 日本の高校生は将来について考える時間が少ない。原因は受験勉強やら世間の評価などさまざま。

日本の大学生

とりあえず大学行っとくか…進路は大体この方面でいいや

とりあえず高校を卒業したら大学に行っておけ!みたいな風潮があるせいで…

うーんやりたい事別にあるけど…とにかく新卒大事だし就職しとくか…

仕事が続かないという最悪の場合…

やべえ 仕事おもんね…でもスキルないから転職できない

ヨーロッパの大学生

この分野勉強したいな…2,3カ月インターンシップしてみるか…

インターンでその分野を気に入ったら

面白そう。大学に入ってみようかな。授業料安いから合わなかったら、ほかの学部に入り直そう!!

学費が無料な分とりあえず入学して自分に合うか様子を見るよいう学生も多いが、入学前にインターンを義務づける大学も多いのでインターンしてくる学生が結果多い。

アメリカの大学生 パターン①興味あるけど金がない。

この分野面白そう。だけどお金ないから関連分野で仕事して金貯めてから大学に入学しよう!!

お金のない学生は日本の大学生よりも入学動機をよりブラッシュアップできるので卒業後確実に大学で学んだ事が活きる。

アメリカの大学生 パターン②お金持ち

お金持ってるから寄付金沢山払って入学する!

入学すると周りには勉強できる同級生がたくさんいる。

僕の周りすごいやつ多いな!将来は彼らと組んで仕事しよう!!

少数ではあるがパターン③の能力が高くて奨学金を引っ張てこれる学生もいる。

日本ではとにかく偏差値が重要らしい…1900年以前の勉強がそこまで重要か?

とにかくドイツで日本人の大学生に会うと『~の大学です。』自己紹介してくる。大体、仲良くなると次は高校の偏差値や学部の偏差値についての話になる。とにかく旧帝の大学生でもよく偏差値が話題に上がるのは、どうにかならないものだろうか(笑)

僕自身もすでに100回以上は『アーヘン工科大学って偏差値どれくらい?』と聞かれた。

正直知らない僕でも入学できるので50くらいといつも答える。最初に述べたように中学、高校時代は平凡で特に中学生のころはオール3も取った事があるし高校(高専)でもは赤点も取ったり単位を落としたこともある。

特に生物や古文の勉強なんてぶっちゃけ大学入学受験の勉強なんて1mmもしていなかった。
そんな事を言うと教育の方々からお叱りをうけてしまうのだが…事実だ(笑)

とにかく好きなロケットコンテストやドイツ語弁論大会、3DプリンターのCADに夢中だった。それでよかったと思う。
個人的にも偏差値よりも大学に入学してからの方が大事で今しっかり努力しているのなら全然OKだと思う。でも日本の企業で上の方を目指すなら偏差値の高い高校、大学を目指しといて損はないだろう。

まとめ
  • 1900年以前の勉強を死ぬほどするのに最先端の事を全く勉強しなくなる矛盾
  • 偏差値低くても今勉強していればOK!!
  • 日本の大企業で出世したいならやっぱり慶応とか早稲田、旧帝の方が良い。

日本の大学コスパ悪すぎ問題

 

日本の大学はコスパ悪すぎる。国立大学でも年間50万円以上学費がかかり都会なら生活費は更にたかい!国立に入学しなかった人出来なかった人なら私立大学に入学する事になるのだが、その場合言うまでもなく更にコストがかかる。

コスパ比較
  • 学費 国立でも年間50万以上
  • 定期 自腹
  • 家賃+光熱費 51990円(地域によってことなる)
  • 就職先 ほぼ日本の企業
  • 学費 大学によって違うがほとんど無料
  • 定期 州内であれば公共交通料金は無料
  • 家賃+光熱費 300ユーロ(40000円くらい)
  • 就職先 世界中の企業

参考:ドイツ正規留学と生活費用について徹底解説!
出典:第52回学生生活実態調査の概要報告

ドイツの大学にいると日本人学生から『日本の企業には就職できないね!』『日本の会社では出世しづらいだろうね!!』とよく言われる。そのたびに僕は本当にそれでいいのか?と言いたくなる。

世界は恐ろしい勢いでグローバル化が進んでいる。なのに多くの日本人はとにかく英語が喋れる事がグローバル化だと思っている、そういう人に限って英語しか喋れない。これは個人的な解釈だが、グローバル化とは思いついたアイディアを人種や国境を越えて実践できる事だ。そのためには英語力は必要なくてむしろ専門力の方が大事。

勉強出来ない子に勉強無理やりやらせてFラン大学に奨学金という名の高利貸しまでやってまで行かせて人生を無駄に過ごさせてるのが今の教育制度の問題点。

ニュースピックス:東大も大学もいらなくなる日【堀江隆文】コメント引用

まとめ
  • グローバル化に勝つには英語力じゃなくて専門性。
  • 日本の大学は費用が高いのに得られるものが少ない。

博士課程になぜ授業料を払わないといけないんだ?

なんだか友人に聞いていると日本では博士課程に行く学生は『就活できなかったやつ』『頭のおかしいやつ』などネガティブな意見しか聞くことが多い。実際のところ日本では大学院卒と博士課程卒で給料があまり変わらない。

そもそもそれが問題だ。欧州やアメリカなら院卒や博士など学位も給料にも反映されるので、能力があって博士課程で学問を究めたいという方は海外がお勧めである。

まとめ
  • 日本の大学博士課程では授業料を払わなければならない
  • 海外の大学博士課程ではお給料が出る!!
  • 日本で博士課程を卒業しても受け皿が少ない。

日本人:『日本の企業はブラックばっかり!!』僕:『日本の大学はホワイトだからいいじゃん!』

日本を除くヨーロッパとアメリカの大学では少なくとも日本の大学生よりは勉強しているだろう。
日本人大学生の勉強時間が超少ないと思うのは僕だけだろうか?

いや決してそんな事はないはずだ!僕が1日平均する時間は6時間以上だ。これはテスト前だけじゃなくて1年間を通じてこのくらいである。

どうやら日本の大学生はそんな事ないらしい。サークル以外にもバイトで忙しくテストも1週間前最悪一夜漬けでテスト勉強すれば合格するものもあるそうだ。ドイツの大学生ならテスト前2カ月になると1日10時間勉強はざらだろう。

日本ではろくに勉強もせず『ブラック企業ブラック企業』と言っている。『日本の待遇が良い大企業では中途採用は雇ってくれない…』
だったらドイツのバイエル製薬やベンツ、ダイムラーで働けばいいと思う。

世界中にホワイト企業なんていくらでもある。

まとめ
  • 海外の大学は卒業が難しいのではなく日本の大学が簡単すぎるだけ。
  • 大学がブラックなのか社会がブラックなのかの違い。
  • ドイツの大学に来るなら1日5時間以上勉強する覚悟が必要!!

お金がなくて成績も普通ならドイツの大学はおススメ!!

とりあえず学校の成績が普通で宮廷大学には行けないという方には是非ドイツの大学を勧めたい!!
入学後は努力しないといけないけど、卒業するころには旧帝大学を卒業する人よりも能力で逆転できる事も可能だろう。
もちろん語学力もみについて一石二鳥だ。

そんな事を言うと『人脈ができない!!』『日本で就職できなくなるー』という人もいるだろうが、ドイツに来て人脈なんかを無視できる専門性を身に着けた方が良いと思う。むしろお金がないのに有名私立大学や旧帝を狙うのは不合理でだったら海外の大学に行って勉強したほうがコスパもはるかに良いと思う。

また卒業後は世界中の企業が就職先候補になる。これは日本の大学じゃないメリットの一つだ。ただ日本の企業で就職して出世したい!!っていう方は日本の東大や早稲田のほうが良いのかもしれない。それでも日本の企業に就職できなくなるわけではない。

まとめ
  • 卒業するころには日本にいるよりも専門性が身に付き語学力も上がって一石二鳥。
  • グローバル化に勝つには専門性だ。
  • 海外の会社に就職したい人にはお勧め!!

ドイツ大学に入学するのは簡単!代行業者なんていらない!!

みんな海外の大学と言うとアメリカの大学を想像しがちだが、僕的には海外からアメリカの大学に行く人はほとんどお金持ちもしくは超優秀のどちらかである。

その点ドイツなら日本から入学するルートがほとんど出来上がっているので一人で手続きもすべてできる。アメリカに正規留学するよりも断然楽だろう。ビザ申請から銀行口座開設まで早ければ1日で終わるのもメリットの一つで『ビザも大学に入学したいでーす』といえば勝手に役所や銀行がやってくれるのでかなり楽である。

まとめ
  • ドイツの大学に行くのに代行業者はいらない
  • アメリカの大学に行くよりも絶対に安い。
  • 大学入学手順はすでに画一しつつある。だから、後は一歩踏み出せるかが重要!!

1年半くらい本気で勉強すればドイツ語試験も合格できる!!

ドイツ語って難しい!!って思っていないだろうか?どんな言語でも1年半現地の語学学校にいれば喋れるようになり、ドイツ大学入学に必要な語学力(DSH2、TestDaF4)も本気で勉強すれば合格できる。それに語学学校の費用+ドイツ大学にかかる費用を足し合わせても日本の大学に卒業するよりかなり安く済むはずだ。

最悪、現地の大学に入学できなくても、ほぼ100%卒業できる日本の大学に入学すればよい。

まとめ
  • 1年半あればドイツ語の試験に合格できる。最悪合格できなかったら日本の大学に行けばよい。
  • 語学学校の費用+ドイツ大学にかかる費用を足し合わせても日本の大学に卒業するよりかなり安く済む。

もう一度決断しよう!君は勉強したいのか?それとも卒業証書が欲しいのか?

そもそもなんで国内の大学に行くのかが不思議でたまらない。受験勉強で必死に1900年以前の古文や数学、化学を学んで大学に入学したらほとんど勉強しなくなる。残念ながらそこで僕は勉強したくない。

確かにドイツの大学は定期試験も日本と比べ難しく進級も難しい、まして就職しても実力がなければリストラもされないだろう。しかしそれに対して学生たちは死ぬ気で努力し専門性を磨く。日本の学生はアルバイトや奨学金返済、サークル活動に対して死ぬ気で努力する。

どちらが良いかはあなたが決める事だ。

セイジ
分からない事があればツイッター、フェイスブックでも受け付けてるので質問待ってます!!よかったらブログも見てください。

ドイツ正規留学の手引き【2018年版】

2017.10.08

ドイツに正規留学すべき7つの理由【ドイツ正規留学・留学】

2017.04.28

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください