楽しい語学学校の生活(ドイツ大学を目指す編)

 

アンケートやインタビューを元にドイツ進学を目指しているもしくはドイツ語C1〜C2を目指している学生の1日の生活について紹介しています。

*これはドイツの大学を目指す方の語学学校の生活をまとめたものです。この生活はデータバンク以外にもドイツ進学を目指す外国人(主にアジア)も参考にしています。また語学学校は国立語学校と仮定しています。

7:00 起床

朝は昨日覚えた単語の勉強や語学学校の準備をしましょう。

9:00 語学学校

大学付属の語学学校であれば週に2~3度小テストが行われます。この小テストはDSH形式で行われるので良い結果を出しましょう。

悪い結果を出し続けると担当の先生からクラスを変えるように言われるのでテスト対策は万全に!

13:00 授業終了

多くの語学学校の授業は半日で終了します。もちろん授業が終われば友達と遊ぶこともできますが..大学進学を目指す人のほとんどはご昼食後に戻って勉強します。勉強以外にもたまにはタンデムパートナーのドイツ語の練習をするのもありです。

14:00 勉強

午後の勉強が始まります。語学学校の宿題は量が多いですが、宿題ただこなすだけではドイツ進学の道は厳しいでしょう。

宿題に加え作文やヒアリング、読解問題をで解いたりします。語学学校ではDSHの過去問を手に入れることができるので過去問を使ってテストの傾向をつかみましょう。大学図書館の近くにはカフェもあるので休憩にも向いています。

19:00夕食

家に戻って済ませてもよし、図書館の近くでケバブを食べるのもよしです。大学のメンザが17時頃まで空いているので早めに夕食をとる事もできます。

20:00勉強

多くの大学図書館は夜の12時まで開いているので、夕食後に戻って勉強することもできます。夜は比較的単語勉強が中心になります。毎日の単語復習の目標は1500〜2000がオススメです。

24:00就寝