2017年ドイツ大学ランキング

 

2017年の大学ランキングが英タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)から発表されました。 大きな変化はドイツ工科大学の順位が大きく上昇したことです。ドイツ工科大学を代表するアーヘン工科大学は32位上昇、特にベルリン工科大学は2015年から比較して144位も順位を上げています。 逆に他の総合大学は軒並み順位を下げ、ゲッティンゲン大学やボン大学の場合では世界大学TOP100・国内ランキングTOP10から漏れる結果になっています。

参考:世界大学世評ランキング2017
参考:
ドイツ大学ランキング2016



 

世界ランキング

参考:東京大学 43位、京都大学88位、大阪大学251位 名古屋大学300位

↓:ランキングの減少を示す
↑:ランキングの上昇を示す

ドイツ国内
TOP20
世界ランキング
(前年度からの推移)
大学名
1 30位 (↓1) ルートヴィヒ マクシミリアン大学ミュンヘン
2 43位(↓6) ハイデルベルク大学
3 46位(↑7) ミュンヘン工科大学
4 57位(↓8) フンボルト大学ベルリン
5 75位(↓3) ベルリン自由大学
6 78位(↑32) アーヘン工科大学
7 82位(前年度データなし)
(↑144)参考(2015年:226位)
ベルリン工科大学
8 89位(↓11) テュービンゲン大学
9 95位(↓11) フライブルク大学
10 102位(↑4) マンハイム大学
11 112位(↓13) ゲッティンゲン大学
12 113位(↓19) ボン大学
13 135位(↑57) ウルム大学
14 144位(↓6) カールスルーエ工科大学
15 160位(↓37) エアランゲン・ニュルンベルク大学
16 161位(↓36) ミュンスター大学
17 164位(↑6) ドレスデン工科大学
18 170位(↓14) ケルン大学
19 180位(データなし) ハンブルク大学
20 186位(↓1) ユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク

 

その他大学協定

エクセレンス・イニシアティブ

最高レベルの研究を推進してドイツの大学全体の質を向上させるために2005年6月に国際競争力を高めてドイツの大学の先端的研究を内外に示すことを目的とした大学支援プログラムです。この支援プログラムに選ばれた大学はどれもドイツを代表する名門大学です。

 

大学名
ブレーメン大学
ドレスデン工科大学
ケルン大学
エバーハルトカール大学テュービンゲン
フンボルト大学ベルリン
ミュンヘン大学
ミュンヘン工科大学
ハイデルベルク大学
アーヘン工科大学

 



TU9

ドイツを代表する工科大学9校はTU9と呼ばれるネットワークを構成しています。連携して研究を行う以外にも他の工科大学よりも多くの研究資金を得ています。

ドイツの工科系大学出身のエンジニアの51パーセントはTU9の大学を卒業しています。ドイツの工科大学を目指すならTU9を目指してみてはどうでしょうか。

 

大学名
アーヘン工科大学
ベルリン工科大学
ブラウンシュバイク工科大学
ダルムシュタット工科大学
ドレスデン工科大学
ハノーファー大学
カールスルーエ工科大学
ミュンヘン工科大学
シュトゥットガルト大学

 

これから進学を目指す人へ

『ドイツに限らず、留学するならできるだけいい大学で学びたい!』そう思う方も多いと思います。

ドイツの国立大学は全国で一定のレベルを保っており日本のような上下関係はないと言われていますが現実は違います。

確かに授業の質はどこの大学でも大きな格差はありませんが、研究予算の配分や留学生の数、提携大学まで大学間でかなり格差があります。また国際化が進む今、大学名は大きなブランドになってきています。

また有名な大学ほど他の大学との学術協定も多く結んでいるため学部で良い成績を残すことができれば大学院からオックスフォーフォードやカリフォルニア大学でも学ぶチャンスもまた将来、日本や他の海外で働きたい方にとってはメリットが大きいでしょう。



2 thoughts on “2017年ドイツ大学ランキング

Comments are closed.