ドイツ発祥の微分自動計算サイトが超便利!!【高校生・大学生必見】

ドイツ生まれのこのアプリケーションは【Derivative Calculator】あまりにも便利すぎてドイツの理系大学生の間では大人気サイトです。この積分計算サイトを使えば微分の宿題を見直しできるほか、途中の計算式もバッチり解説されるので大変便利です。
この微分オンラインサイトは英語、ドイツ語とスペイン語の3か国語でのみ使用できるため、今回は英語のサイトから基本の使い方を紹介します。



 

基本的な微分計算サイトの使い方

微分したい計算式をに入力します。今回は(a+x^2)を代入してみましょう。数式を入力をしたら【GO】を入力します。すると解答が表示されます。これでは計算結果だけしか表示されません。計算結果の下に【show  steps】があるのでクリックしてみましょう。

 

 

【show steps】をクリックすると下の画面で表示されているように、計算結果もばっちり確認でき、答えの画面を下にスクロールすると、計算結果がグラフでも表示されています。

 

置換微分の使い方

偏微分したい計算式をに入力します。今回は(2x+1)^3+(2x+1)を計算してみましょう。数式を入力をしたら右上の【Option】をクリックして【Differentiation variable】の設定を微分したい変数に選択します。選択した後に【GO】を入力します。すると解答が表示されます。

 

 

これでは計算結果だけしか表示されません。計算結果の下に【show  steps】があるのでクリックして途中式もしっかり確認しましょう。

合成関数微分の使い方

偏微分したい計算式をに入力します。今回は(2x+3)^4を計算してみましょう。数式を入力をしたら右上の【Option】をクリックして【Differentiation variable】の設定を微分したい変数に選択します。選択した後に【GO】を入力します。すると解答が表示されます。

 

これでは計算結果だけしか表示されません。計算結果の下に【show  steps】があるのでクリックして途中式もしっかり確認しましょう。

 

偏微分の使い方

偏微分したい計算式をに入力します。今回はx^2+y^13+y+x*yを計算してみましょう。数式を入力をしたら右上の【Option】をクリックして【Differentiation variable】の設定を微分したい変数に選択します。選択した後に【GO】を入力します。すると解答が表示されます。

これでは計算結果だけしか表示されません。計算結果の下に【show  steps】があるのでクリックして途中式もしっかり確認しましょう。

 

 

 

高階微分【複数回微分】の使い方

今回は置換積分を例に計算式をに入力します。数式を入力をしたら右上の【Option】をクリックして【Differentiate how many times】の設定を微分したい回数に選択します。数式を入力をしたら【GO】を入力します。

 

計算結果の下に【show  steps】があるのでクリックしてみましょう。【show steps】をクリックするとしたの画面で表示されているように、計算過程もばっちり確認できます。答えの画面を下にスクロールすると、計算結果がグラフでも表示されます。

 

 

特殊な文字の表し方

πはpiと書くなど特殊文字入力のルールは右上のメニュー欄から【Examples】から確認できます。

微分オンラインサイト(Derivative Calculator)の仕組み

入力された計算式は最初に構文解析によって処理されます。構文解析は入力した数式をコンピュータ上で処理しやすい形に変換する方法で、この手法によって掛け算や割り算などを実現しています。構文解析はJavaSkriptでプログラムされているので、ユーザーはブラウザから直接使うことができます。オンラインブラウザから入力され構文解析によってコンピュータ語に変換された式は再びテフによってテキストベースのコマンドに変えられ、MathJaxによりユーザーに認識しやすい数学式に変換されます。

細かい詳細はここで紹介されているのでぜひ参考にしてください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です