ドイツの名門校に通う僕が日本一田舎の鳥取県に5年住んでみて感じたこと。

初めに

こんにちはセイジ(@seiji_aachen)です。

僕は中学の時、内申点があまりにも低く、このままでは地元のヤンキー高校に行くしかありませんでした、そんな状況を打破すべく満を持して日本でも1位、2位を争う鳥取県に単身で引っ越す事に…

結局、卒業までの5年間僕を僕は鳥取県で過ごしました。

平凡だった僕は『鳥取県の雄大な自然の力?』で今ではドイツの名門大学と言われるアーヘン工科大学で学生生活を送る事が出来ています。
こんな事都会に住んでいたら絶対に達成できていません!!

そこで今回もともと京都と名古屋の都会に住んでいた僕が鳥取県に5年間住んでまとめた『ガチの鳥取県レビュー』を紹介してみようと思います。

セイジ

鳥取県の人口57万人と全国最下位そして過疎化が急激に進んでいるやばい県!!

この過疎化を止めるためにも、僕がガチで鳥取県のPRしていきたいと思います。

まず鳥取県ってどんな県?

東西120km、南北約20〜50kmの細長い形をしており、北には日本海、南には大山をはじめとする中国山地の山々が広がり、春には咲き乱れる花々、夏には良質な水質の海水浴場を満喫でき、秋は山々が紅葉に染まり、冬は一面の銀世界が広がる、そんな自然溢れる鳥取県では四季の美しさを間近で感じることが出来ます。

引用元:鳥取県観光案内

ドイツの名門校に通う僕が鳥取県に住んで感じた良かったところ!

学校に行く前と放課後に釣りができる。

僕が鳥取に住んでいて1位、2位を争っていた趣味と言えば釣りです。学校の寮から原付で15分くらいで釣り場につくので、学校が始まる前に釣りに行く学生もチラホラいました。

国道沿いには釣具店も充実しているので、鳥取県は釣り好きな学生にはお勧めです。
僕も釣りは京都や名古屋、今住んでいるドイツでも中々できないので、次鳥取に行く機会があれば釣りに行きたいです。

鳥取には釣りスポットがたくさん!!
  • 鳥取には日本海に面した県なので釣りスポットが沢山!!
  • ヒラマサやスズキなど季節ごとの魚も目白押し!

週末に『大山登山』やら『バーベキュー』などのレジャーイベントが楽しめる。

僕の住んでいた鳥取県で学生に大人気のイベントと言えば、登山スキーバーベキューと自然豊かな鳥取県をフルに活かしたイベントが豊富です。僕も週末には良く友達と登山やバーベキューをしに大山まで行っていました。

冬場になると大山町に住んでいる友達と一緒に良くスキーにも行っていました。

セイジ

大山の牧場で売っていたアイスクリームはクリーミーでとてもおいしいので是非試してみてください。

鳥取のレジャースポットは外せない!!
  • 春先から秋にかけてハイキングや登山!!
  • 大山近くの牧場ではキャンプやバーベキューも楽しめます!!
  • 冬場はスキーやスノーボードなどウィンタースポーツも!!

競争相手が少ないので勉強すれば、努力すればある程度上位に行くことができる。

京都に住んでいた頃は勉強したとしても中堅に行くことすら難しく、
また勉強しなかったらしなかったで、すぐに落ちこぼれになるほど周りとの競争も激しかったです。

特に公立小学校・中学校のクラスも40人クラスほどでしたが、京大に合格した人が何人もいるほか同級生の多くが当たり前のように大学に進学していました。こんなライバルたちには絶対勝てないと思った僕は、そうそうにリタイアして鳥取に行きました。(笑)

鳥取ではある程度勉強するだけでTOP10に入る事ができたりと、都会に住んでいた時よりも上位に入りやすかったように感じます。

今、都会に住んでいて回りと明らかに差を感じているようなら、思い切って田舎の高校や高専に行って『勝つ』という経験を得たほうが絶対に良イイと思います。いわゆる『まだ東京で消耗してるの?』的な…

今はAO入試やら編入試験と名門大学に入学する方法はいくらでもあるので、勉強する前にしっかり地域ごとの特徴や仕組みを理解すると楽に勝負を決められるかも!!

セイジ

単純に楽して大学に行きたいなら『田舎の高校』行く方が都会よりも断然楽!

何ならドイツの大学にも入学できちゃう!!

 

ドイツの名門校に通う僕が鳥取県に住んで感じたデメリット

圧倒的に人との交流が少ない…

鳥取県の圧倒的なデメリットは人が少ない事です。

名古屋や京都ならネットで知り合った人や社会人の人との出会いが圧倒的に多く、知り合ったらそのすぐにでも一緒にご飯に行く機会があったりと鳥取にいたころよりも圧倒的に人との出会うスピードが速いように感じます。

FacebookなどのSNSで知り合う人でも鳥取県に住んでいる人は殆どいないし、たとえ近くに住んでいたとしても交通のアクセスが、
悪いのでなかなか会いに行く事ができませんでした。このあたりはアクティブ人脈を広げたい人にとっては圧倒的デメリットになりますよね…

何より新幹線通ってないのが痛すぎだと思います(泣)

もう特急八雲には乗りたくない(笑)!!

『風は強いし、夏は超暑く、冬はめちゃ寒い、そしてに雨の日多くね?』

僕は鳥取県の米子市に住んでいましたが、米子は他の都道府県と比べるとほとんど四季なんてなかったような気がします。近くには紅葉が楽しめる山もほとんどないし、春に楽しめる桜も学校の敷地の中くらいでした。特に鳥取県はいつも天気が悪かったので…桜が咲いてもすぐに散ってしまいました。(笑)

春よ夏よりも鳥取県の 一番の目玉は『灼熱の夏』『豪雪の冬』で、夏は全国でもトップに入るくらい暑く、特に学生寮に入っていた僕にとってはまさに地獄のシーズンでした。

冬は冬で多い時は腰の高さまで雪が積もった事もありました。

冬場は道路が凍る事もあったので、
スーパーカブでバイトに行っていた僕にとって、冬はまさに地獄の地獄のシーズンでした。

5年間住んで分かった『そんなことはないだろう』と思う事

鳥取県、飯うまい説

高校に通っていた頃の実家が京都で今は殆ど名古屋に住んでいるが、鳥取県のごはんが特別美味しいとは思わない。

むしろそれなりのお店にいくなら都会のほ方がおいしいし、
そもそも『鳥取県ってごはんおいしいよね~』と聞くたびにご飯がおいしくない県なんてあるのか?と思います。

セイジ

どこだってそれなりの旅館やレストランに行けば飯はうまい!!

鳥取県、買い物なかなかできない説

鳥取にいると『鳥取県田舎過ぎて買い物行くところない~』と同級生たちが良く自虐的に言っていました。今時、お店までわざわざ足を運んで買い物することなんてほとんどありません。

学校内に原付でも隠しておけば、大体のところはすぐに行くことができたし
僕は京都と名古屋に住んでいたけど、アマゾンで注文すればすぐに届くのでこのあたりは全然不便に感じなかった。

セイジ

シャンプー、インスタント食品、筆記用具全部アマゾンで買えるから大丈夫!!

最後に

最近漫画家やフリーランサー、ブロガーたちが田舎に引っ越してきているニュースを良く聞きます。
鳥取県にも来ているみたいな噂も耳にします。僕は駆け出しの漫画家やフリーランサーには鳥取県はまさにおススメの場所だと思います。
特に田舎であれば家賃も安く、娯楽施設も少ないので集中して何か取り組みたい方に鳥取県はまさにうってつけの場所です。

鳥取県はこんな人におススメ!!
  • 家賃や光熱費を安く済ませたい方!!
  • フリーランサーやプロブロガー、漫画家などネットがあればお仕事できる方!!
  • 編入試験や推薦制度を使って上手に大学進学したい方!!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.