ミュンヘン工科大学

ここミュンヘン工科大学は1868年バイエルン王ルートヴィヒ2世により創立されたのがはじまりです。1877年に王立ミュンヘン高等技術学校と改称、変遷を経て1970年今の大学名に変更されました。学生や地元の人からはTU Münchenではなく短くトゥム(TUM)の略称で呼ばれるほか、大学は政府によって研究予算が重点配分されるエクセレンス・イニシアティブやTU9にも指定されているため他大学と比べて毎年多くの研究資金を得ています。