トリーア大学




トーリア大学の基本情報

トリーア大学【Universität Trier】はドイツ最古の都市といわれるトリーア市にある大学です。 大学の歴史は古く1473年に設立され、その後一度廃止になりましたが、1970年に新たに設立され現在に至っています。  学生は約1万5千人が在籍しており、教職員数は約900人、学部のほとんどは文系学部で構成されています。大学図書館の蔵書数は約150万冊ほどにおよび、日本の図書も充実していている他、日本の新聞などを読むこともできます。近年では 国際化に大きく力を入れており、世界各国から多くの留学生を受け入れています。そのため留学生向けのサポートも充実しており、留学生に向けたドイツ語プログラムや、学生交流課による学生寮の斡旋なども用意されています。 トリーア大学にはミュンヘン大学やデュッセルドルフ大学のように日本語学科があるため、日本語がわかる学生が多く在籍しているため日本の学生が留学しやすいというのも大きな特徴です。

トリーアの街並み

トリーア大学のあるトリーア市は人口約10万人の都市であり、ドイツの南西、フランスやルクセンブルクに近い場所に位置し、紀元前に建設された街であることからドイツで最も古い都市といわれています。またかつてローマ帝国がヨーロッパ進出の拠点としたことにちなんで、「第二のローマ」とよばれることもあります。ドイツワインの発祥の地でもあり、世界的に有名なブランド「モーゼルワイン」の産地でもあります。

トリーア大学学生の生活

トリーアの町の東の丘にある大学であるため、周辺はとても落ち着いた場所で、勉学に勤しむのに非常に適した環境になっています。大学の近くには、学生寮や学生向けアパートが多く立ち並び、また薬局やスーパーマーケットなども揃っているので生活上の不自由はほとんどありません。

トリーア大学の紹介動画

提携もしくは交流している大学

  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 神戸大学
  • 東京外国語大学
  • 明治学院大学
  • 大東文化大学
  • 東京学芸大学
  • 大阪学院大学
  • 島根大学
  • 岡山大学
  • 奈良女子大学
  • 弘前大学
  • 宇都宮大学

トーリア大学留学生にお勧め!!



コメントを残す