ヴュルツブルク大学(Julius-Maximilians-Universität Würzburg)

基本情報

ヴュルツブルク大学(JMU)は総合大学として1402に設立されました。現在まで14人のノーベル賞を受賞しています。X線を発見しノーベル科学賞を受賞したヴィルヘルム・コンラート・レントゲンや1930年に人間の血液型を発見しノーベル生理学・医学賞を受賞したカール・ラントシュタイナーが有名です。現在425人の教授を擁するとともに、10の学部を提供し学生数は29000人に上ります上昇している項目は学部数だけでな新しくキャンパスが設立されるなど大学自体も拡大しています。また2011年にはHublandにあるキャンパスは39ヘクタール増設されています。ヴュルツブルク大学大学は先進的ドイツ(das belegen Rankings nationaler und intenationaler Forschungsorganisationen ebenso wie internationale Gutachterkommisionen)の大学に数えられています。

 

研究と学問

 

・Lebenswissenschaften
・Gesundheitswissenschaften
・Molekulare Chemie, Nanomaterialien und –prozesse
・Quantenphänomene in neuen Materialien
・Digitale Gesellschaft
・Kulturelles Erbe
・Globaler Wandel
・Normen und Verhalten

提携大学(サマースクールなども含む)

東京大学
東京外国語大学
久留米大学

生活

ヴュルツブルクには約128.000人住んでおり、平均年齢は41歳であるためドイツでも若者が住む街として知られています。また気候にも恵まれ、ワインが美味しい地域でもあります。学生にも親切な街で家賃や生活費も高くなく周りには目立った工場もないため比較的空気がきれいなため、自然も多く休日のピクニックにも最適です。また同大学には日本人からの留学生も比較的多いのが特長です。

入学に関して

調査中

日本人の集まり

調査中