ドイツ留学相談室・掲示板

相談室・掲示板ご利用の前に投稿のルールをご確認ください。

マルクス先生

最近、留学相談に答えても、相手から返信をもらえない事が多いのじゃ。運営も人間なので、返事がないと悲しいのじゃ。

ゲーテ先生

相談に対して返信があった時には、何かしらレスポンスをもらえると、相談の内容を深堀りできたり、留学相談を続ける励みになるのでよろしくなのです。

ドイツでの獣医学部入学の実際の難易度に...
 
通知
すべてクリア

ドイツでの獣医学部入学の実際の難易度につきまして


Hirte
投稿: 1
 Hirte
ゲスト
Topic starter
(@Hirte)
結合: 7か月前

はじめまして。表題の通り、ドイツで大学の獣医学部に入る難易度についてなかなか情報がないとは思いますが何か分かる範囲で教えていただければと助かります。

私のバックグラウンドですが、日本で6年制薬学部を卒業し薬剤師です。ドイツで新たなキャリアを始めたいのでドイツ語を勉強し始め現在A2レベルですがB1になったらドイツの語学学校時通い一気にC1以上にレベルアップしたいと思っています。

ドイツの医学部の情報はTwitterやネットで実際に通われている方や体験談が見つかりかなりの人気で倍率も難易度が高く高校や大学での成績が満点近くなければ非常に厳しいという事は分かっています。一方で医学系学部向けの統一試験も受けなければならないのでそれで高得点を取ると点数が加算され考慮されるとも聞きました。
ただ他の医療系学部も同様に難関だとは思いますが、獣医学部や薬学部などに関してはほとんど情報がありませんので…

質問ですが
・Studienkolleg大学準備コースに通い良い成績を取れば高校大学の成績があまり良くなくても挽回できる可能性はあるのか
・獣医学部はドイツでも大学の数が少ないようですのでもしかしたら医学部より倍率的にも難関なのか(実際にドイツの医学部に通われている、卒業された方の方が外国人も含めて獣医学部経験者より見つかりやすいのかもしれません)
・医療系である薬学部卒は入学の際にアドバンテージになるのか、あるいは単純に成績だけ見られ他の学部同様に扱われるのか
などもしご存じの方いましたらどんな情報でもいいので参考になりますので教えて頂けたら幸いです。

どうしても夢が叶わないとなれば諦めるしかありませんが、私が得た情報では例えば医療系である理学療法士Physiotherapeutの職業訓練Ausbildungの学校に通いトップの成績で卒業すれば医学部へ優先的に入学資格が得られると聞きました。同じく獣医師の下位の資格であるTiermedizinischer Fachangestellter(英語では獣医アシスタント?みたいです)のAusbildungの学校を卒業すればキャリアオプションとして獣医師への道の選択もあるとドイツ語のサイトで拝見しました。

ですので獣医学部への入学が厳しいならドイツ移住の目的もあるので2年~3年Ausbildungをいい成績で終え、就職し永住ビザを先に取得も検討しています。どちらにせよ語学力的に医療系分野ですので難しい道になるのは覚悟しています。
こちらの選択はかなりの年数はかなりかかりますが、確実にドイツ語力や獣医師の前段階のキャリアを積めるなら良いのかなとも思っています。

長くなりましたがよろしくお願いします。

1件の返信
井上誠志
投稿: 104
Admin
(@seiji)
メンバー
結合: 5年前

Hirteさん、こんにちは。大学の研究室の方で最近忙しく、返信が遅れて遅れてしまいました。正確な留学情報を得るという場合には、他の相談者さんにも同様にお伝えしていますが、一度、大学やUni-assistに直接問い合わせる、可能であれば願書を提出してみるのをお勧めしています。ここでの留学相談はあくまで、ドイツ大学に通っている日本人学生の方々の話、留学体験談の内容や自分の経験を元にHirteさんの質問に答えていくという形になるので、ご了承ください。

投稿者:: @Hirte

私のバックグラウンドですが、日本で6年制薬学部を卒業し薬剤師です。ドイツで新たなキャリアを始めたいのでドイツ語を勉強し始め現在A2レベルですがB1になったらドイツの語学学校時通い一気にC1以上にレベルアップしたいと思っています。

日本にいる間にB1に合格できれば、かなり良い方だと思います。それ以降は現地で勉強した方が語学の伸びも早いと思います。

投稿者:: @Hirte

ドイツの医学部の情報はTwitterやネットで実際に通われている方や体験談が見つかりかなりの人気で倍率も難易度が高く高校や大学での成績が満点近くなければ非常に厳しいという事は分かっています。一方で医学系学部向けの統一試験も受けなければならないのでそれで高得点を取ると点数が加算され考慮されるとも聞きました。

大学によって入学に必要な書類、条件、試験の有無等は異なると思います。医学部のような人気学科であれば、おそらく面接が実施される大学も少なくないでしょう。高校から医学部に入学する際は、おっしゃられるように高校での成績がかなり良くなければ入学は厳しいと思います。ただ、大学を卒業している場合は少し、事情が異なる場合があります。特にHirteさんの場合、薬学部を卒業している&実務経験がすでにある場合には、願書出願時にプラスに働くことも期待できると思います。自分の友人にも医学部に在学または既に卒業した日本人が3人ほどいますが、そのうちの一人は最近まで、ドイツ大学の他文系学科の学部生でしたが、在学中に医学部へ願書を出しで合格していました。高校や大学での成績の優劣は勿論無視できないと思いますが、薬学部6年&実務経験ありで、もしドイツで医学部を目指したいのであれば、願書を出願して大学から直接返事をもらい、自分に何が足りなかったのかを確認し、それを元に次に取るべき対策を取るのが選ぶのが良いと思います。(Ausbildung,ドイツ語勉強、、、等々)願書審査については無料なところもあったり、高くても送料を入れて一大学あたり1万円以下(高めに言いました。)に収まると思います。

投稿者:: @Hirte

・Studienkolleg大学準備コースに通い良い成績を取れば高校大学の成績があまり良くなくても挽回できる可能性はあるのか

先ほど申し上げた事を繰り返す形となりますが、あれこれとSNSやブログのネット情報を読んで煮詰まるよりも、願書を送って大学からの返事を見て、自分に何が足りないのかを確認する方が良いと思います。自分もドイツに来た時は、とりあえず願書を送ってみて、そうすると合否の返事だけではなく、何が足りなかったのかの返事も来たので、足りなかった部分を準備して再度出願しました。ただ単純に合否だけの通知を送ってくる大学もあるかもしれませんが、10~20大学(州ごとで若干対応が違ったりするので、できるだけ色々な州に)に願書を送れば、どこかはきちんと返事してくれると思うので、そこからHirteさんに必要なもの(Ausbildungなのか、Studienkollegなのか、、、現地でのボランティアなのか、、、現状では難しいのか)が見えてくると思います。

投稿者:: @Hirte

・獣医学部はドイツでも大学の数が少ないようですのでもしかしたら医学部より倍率的にも難関なのか(実際にドイツの医学部に通われている、卒業された方の方が外国人も含めて獣医学部経験者より見つかりやすいのかもしれません)

日本の大学のように倍率というデータで可視化される方がドイツでは少ないと思います。自分もドイツ大学に在学していますが、今の所聞いた事はありません。もし獣医学部がある大学の公開されている大学資料に出願数が記載されていれば、一年生の数から算出できるでしょう。気になれば、大学の獣医学科に質問を送ってみても良いでしょう。

投稿者:: @Hirte

・医療系である薬学部卒は入学の際にアドバンテージになるのか、あるいは単純に成績だけ見られ他の学部同様に扱われるのか
などもしご存じの方いましたらどんな情報でもいいので参考になりますので教えて頂けたら幸いです。

先ほどお答えした内容になりますが、補足で、他学科を卒業して医学部に入学しなおす人は日本人を含め、ドイツ人でも自分の周りでもちらほらいます。統計的なデータから、もしくは医学部の出願条件や要項の記載から必ずそうであるとは言えませんが、薬学部卒&実務経験のアドバンテージは期待しても良いと思います。それを確認する上でも、大学へ願書を出してみる事をお勧めします。

投稿者:: @Hirte

どうしても夢が叶わないとなれば諦めるしかありませんが、私が得た情報では例えば医療系である理学療法士Physiotherapeutの職業訓練Ausbildungの学校に通いトップの成績で卒業すれば医学部へ優先的に入学資格が得られると聞きました。同じく獣医師の下位の資格であるTiermedizinischer Fachangestellter(英語では獣医アシスタント?みたいです)のAusbildungの学校を卒業すればキャリアオプションとして獣医師への道の選択もあるとドイツ語のサイトで拝見しました。

色々と手段はあると思いますが、Hirteさんのキャリアを考慮した上での最適解ではないので、大学に出願して、向こうの意見を直接聞くのが良いと思います。もし、実務経験が評価されるのであれば、日本で数年勤務しながらドイツ語を勉強するなど、お金をためながら留学の準備したほうが賢明だったりするかもなので。。。なので先方の意見を待ちながら、対策を考えるのでも良いと思います。ブログやサイトから判断して、数年たって無理だったでは、あまりに損失が大きいので。自分がお会いしてきた、社会人のキャリアからドイツ大学に入学を目指してきた方の失敗するパターンとしては、語学試験に合格できなかった人は勿論ですが、情報不足だった人もいます。(ほとんどの方が大学に願書を送った事がなく、自分の情報収集能力だけで判断していました。)

投稿者:: @Hirte

ですので獣医学部への入学が厳しいならドイツ移住の目的もあるので2年~3年Ausbildungをいい成績で終え、就職し永住ビザを先に取得も検討しています。どちらにせよ語学力的に医療系分野ですので難しい道になるのは覚悟しています。
こちらの選択はかなりの年数はかなりかかりますが、確実にドイツ語力や獣医師の前段階のキャリアを積めるなら良いのかなとも思っています。

もし、英語がある程度できるのであれば、ハンガリーなど東欧での医学部という道もあると思います。(獣医学部があるかは分かりませんが、)、自分の高校からの友人や僕が昔、飲食店でバイトしていた時の知人も今そこの医学部に在学中なので、国にこだわりがないのであれば、東ヨーロッパもありなのかなと思ったりもします。卒業後、ドイツの病院で勤務されている方もいたので。。。

 

以上になります。結局、「願書を出しましょう!!」の一点張りになってしまったような気がしますが、Hirteさんの、獣医学部留学を目指す上で少しでも参考になれば幸いです。

井上誠志

 

 

 

返信

返信する

投稿者名

投稿者メールアドレス

タイトル *

プレビュー 0リビジョン 保存しました