TestDaF・DSHに合格するリスニング勉強法【ドイツ正規留学・ドイツ留学】

ほとんどの日本人がもっとも苦手なテストがリスニングです。リスニング勉強は他の単語勉強や文法練習と違って勉強の成果が見えにくいので、多くの日本人の悩みの種です。今回は日本人の苦手であるリスニング対策を詳しく紹介していきます。



 

TestDaFとDSHのリスニング問題

TestDaFのリスニング問題は選択式で1度のリスニング時間も短いためほとんどメモを取る時間がありません。その代わりに問題数が多く大問ごとに解答方法も変わります。DSH試験のリスニングではリスニングする文章はたった1つだけですが、1度のリスニング時間が10分程度とTestDaFに比べてかなり長く、メモを取らずに問題を解くことはかなり難しいです。そのため多くのDSH試験でリスニング問題前にメモ用紙が複数枚配られ、メモが上手に取れるかどうかで点数は大きく左右してきます。

 

DSH試験メモの取り方のコツ

 

リスニングした内容をすべてメモにとるのはお勧めしません。これは筆記体が素早く正確に扱える欧米人の特権なので日本人が真似をするとメモを読み返した時に何が書いてあるのかわからない事や問題で問われている事柄とまったく関係ない内容をメモしていたりと無駄が多いからです。できるだけ問題で問われている内容のみをメモするように心がけましょう。リスニングに不慣れな最初のうちは難しいですが、慣れてくると問題と関係のない内容は余裕を持って聞き流せるようになります。

 

リスニング勉強法

 

インタビューやレポートからもリスニングが苦手な方は多く、また多くの受験者が対策練習にはラジオやDeutsche Welle、タンデムなどを活用していました。
DSHやTestDaFリスニング試験には聞き取り能力だけではなくメモを取る力も求められます。それら2つを効率よく勉強するために受験者にオススメしている勉強の方法は次のメモ練習聞き取り練習です。

 

 

試験に勝つメモ練習

 

大抵のDSH試験ではメモが認められています。ここでは的確に素早くメモを取る技術が求められます。
オススメしている方法はインターネットでDeutsche Welle のニュースを聞きながらメモを取っていく方法です。

Deutsche Welle では音声とスクリプト(原稿)をダウンロードできるので、最初にリスニングするニュースを決めます。
②次にリスニング時間を設定します。初めて行う方は3~5分と短めに設定する
③A4用紙を用意する
④自分のタイミングで音声を再生し自分が設定した時間まで音声を再生
⑤時間までメモを取る
⑥メモした内容を使って自分でもう一度文章を作る
⑦音声のスクリプトと見比べて自分の作成した文章と照らし合わせる

最初のうちはまったくメモが取れないかもしれませんが、この練習を繰り返す事で確実にリスニング力はUPできます。
またダウンロードした音源はiPodなどに入れて持ち運べるので移動中でもリスニング勉強ができます。

Deutsche Welleではドイツ語学習者向けに再生速度の遅いニュースを配信しているのでそちらもぜひ活用しましょう。Deutsche Welleの他にもDSH過去問やTestDaFテキストに収録されているリスニングCDを使っての方法も非常に効果的です。メモ練習を続けると会話の重要な箇所がわかるようになり、テスト勉強以外にもドイツ語レベルの底上げにつながります。

DSH試験まとめはこちらから

 

方法はいろいろ!聞き取り練習

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-12-16-20

聞き取り練習①Deutsche Welle

聞き取り練習の王道はニュースサイトやリスニングCDなどの音源から耳を鍛える方法です。聞き取り練習はタンデムや語学学校を通しても鍛えることができますが、DSH・TestDaF試験では幅広いテーマのドイツ語を聞き慣れておく必要があるのでぜひDeutsche Welleを活用しましょう。

聴き取りの練習では音声とスクリプトが両方必要になりますが、 Deutsche Welleでは音声とスクリプトのどちらも提供されています。

Top-Thema mit VokabelnではB1レベル相当の聴き取り練習ができます。
比較的短い音声が中心に収録されているので聞き取りが苦手な方にはTop-Themaがおすすめです。

AlltagsdeutschdではC1, C2レベル相当の聴き取り練習が可能です。
音声は10分程度で難易度もC1 C2レベルに相当します。ただ内容がかなり難しいので、心が折れる事があります。音声のスピードは実際のDSH試験と比べてもかなり早いので、聞き取れなくても安心してください。

聞き取り練習②映画のオーバーラッピング

ニュースが苦手な方は映画鑑賞!どの映画を観れば良いのか分からないという方にはコナンをお勧めしてます。コナンの映画はテーマの幅広く推理アニメなので、他の映画やアニメと比べて会話の量が比較的多く、またDVD再生を日本語吹き替えに設定できるため分からなかった表現もすぐに確認する事ができ

またコナンに出てくる登場人物の年齢層は幅広くコナンの友達からお年寄りまで幅広く、すでにC1レベルの方でもコナンの推理シーンのドイツ語はレベルが高くヒアリングの勉強には非常におすすめです。映画はニュースとは違い繰り返し聞いてもニュースほど苦にならないのでニュースを読むのが苦手という方は映画から始めてみてはどうでしょうか。

コナン以外の映画やアニメでも字幕を付けながらオーバーラッピングするのもオススメです。

*オーバーラッピング:字幕を見ながら音源に合わせて発音すること

 

82ea1d033adf471794082c5ffc55b870_s

聞き取り練習③タンデム

日本人がドイツ人に日本語を教えるかわりにドイツ人はドイツ語を教えることをタンデムと言います。スピーキングやリスニンング力向上のためには会話練習は欠かす事が出来ません。またタンデムを通してドイツ人の友達ができるなど交流の幅がグッと広がるため、ドイツに来たばかりの方には是非お勧めです。

タンデムパートナーの探し方はこちらから

 

注意

DSH試験は大学によってテスト構成が若干異なり大学付属の語学学校に通っていない方は注意が必要です。

例えば2016年3月までのDKFA(ミュンヘン大学付属語学学校)のリスニング試験は以下のように行われます。

①開始前に問題用紙と回答用紙、メモ用紙(4枚)が配布
②試験の最初に5分間、問題用紙を読む時間が与えられます。この時間にメモを取ってもらっても構いません。
③1度目リスニング開始
⑤メモまとめ時間5分
⑥2度目リスニンング(一度目と同じ内容)
⑦解答時間40分程度

この一連の流れは大学によって異なるので、試験前には注意してください。