5ヶ月で習得!初めてのドイツ語はこうやって覚える【ドイツ正規留学・留学】

大学・高校の交換留学生やワーキングホリデーにとって周りの学生や職場の同僚とコミュニケーションは殆どドイツ語です!英語が喋れるなら日常生活で苦労する事は少ないですが、やっぱりドイツ語が喋れるようになると楽しいこと間違いなしです。

しかしドイツ語を学習するにしても、殆どの方はゼロからのスタートになり

『どうやって勉強をスタートしたら良いのかわからない』『留学してからどうやってドイツ語を勉強したら良いの?』といった悩みを持つ初学者の方が多いのではないでしょうか。ここでは初めてドイツ語の勉強を始める方に最初のドイツ語学習のコツをお伝えします。

 



 

最初に

 

ここで紹介する勉強方法はドイツ語初学者からドイツ語レベルB1(独検3級程度)までの方を対象としています。ドイツ語は、学びはじめた初期に挫折しかねない言語ですが、仕組みがある程度理解できると急に理解できるようになるので継続して学習を続けましょう。また勉強方法は多くのインタビューやアンケートまた筆者自身の経験を踏まえた上で、できるだけ最適化したものを紹介します。

単語と文法は7対3

 

会話力の一番重要な柱となるのが単語力です。最初の4ヶ月でドイツ語単語2000語を扱えるようにしましょう。”扱える”という事は【日本語からドイツ語】【ドイツ語から日本語】へ素早く意味を理解でき、さらに【発音】【リスニング】加えた全てができるという事です。言っても2000語だけです。これに少しの文法力がつけばドイツ語の会話ができるようになったと実感するでしょう。初学者向けの単語帳は以下で紹介している新・独検合格 単語+1800がおすすめです。できるだけ毎日復習しボロボロになるまで使いましょう。1800語を完璧にすることができれば基礎会話力はバッチリ鍛えられます。

単語を完璧に操るための単語帳学習のコツ

①日本語からドイツ語への訳

②ドイツ語から日本語への訳

③正しい発音で言える

④正確に単語が聞き取れる

単語に比べると覚えるべき文法の数としては少なく、日常会話だけに関して言えば難しい文法を最初のうちにあまり覚える必要がありません。初めの内は基本的なドイツ語文法を色々な単語と組み合わせながら体で覚えていきましょう。

初めてのドイツ語文法学習のコツ

①初めてドイツ語を学ぶなら文法書よりも大学の無料のウェブ教材で十分

②文法は練習問題だけでなく覚えた単語を積極的に使う

③やっぱり文法よりも単語!

初めてドイツ語文法を勉強する方はウェブ教材で十分です。日本語の文法書を買うくらいならドイツ語の文法書を買った方が良いでしょう。最近ではウェブ教材の量・質ともに多くなってきています。ドイツ留学研究会お勧めを以下で紹介しておきます。

東京外国語大学のドイツ語文法モジュール

この東京外国語大学のウェブ教材は他のウェブ教材と比べて一線を画しており、下手な有料ドイツ語教材よりもレベルが高いです。最初は基礎完成コースを完璧にしましょう。

もしドイツ語文法モジュールが完璧にできた方でもっと文法練習したい方にはドイツ語で書かれている文法書をおすすめします。初めの内は読むのに大変苦労するでしょうが、もし将来ドイツやスイスに留学する際、現地での語学授業をスムーズに理解できます。下で紹介しているテキストはドイツ語で文法が解説されているほか練習問題の量がかなり豊富です。ドイツ留学研究会では実際にあらゆるテキストを使用し評価し、その中で自信をもってオススメしているテキストの一つです。解答と問題用紙は別売りなので注意してください。

ミスを恐れずにドイツ語を積極的に話そう

 

会話は今まで習ってきた文法や単語を思い切って挑戦していきましょう。日本に住んでいる方にとって一番難しい事がドイツ語を話すという事ではないでしょうか。単純にドイツ人が少ない事も挙げられます。日本からスカイプを使ってタンデムできるようになってきたので、以下のURLにタンデムパートナーを探す事ができるサイトを紹介しています。

タンデムを探しているという方は是非こちらでタンデムの事を詳しく紹介しています



 

本気で喋れるようになりたいなら留学中は日本語に触れない!!

 

『留学中は日本語に触れない方が良い』一度は聞いた事があるのではないのでしょうか。LINEやツイッターなどSMSやYotubeなどの無料動画投稿サイトやヤフーなどの検索エンジンまで日本語の誘惑が多いのが現状です。

しかし本気で喋れるようになりたいのなら日本語を遮断するのが一番効果的です。高校留学や学部交換留学では日本語を遮断していた人の方が圧倒的に会話が上達するので是非オススメです。

 

ステップUPをしっかり確認!!語学試験を定期的に受けよう

 

上で紹介した勉強方を半年ほど続けるとある程度自分の中で喋れるようになったと実感が湧いてくるでしょう。こうなってくると最後は語学試験でを自分の実力を確認してみましょう。

初めてドイツ語の試験を受けるのであれば独検3級もしくはゲーテB1を目標に試験を受けてみましょう。合格すればドイツ語初級者卒業です!

*語学試験を受けるためにはテスト対策をしなければいけません。それぞれ自分で対策テキストを購入して準備しましょう。B1や独検3級であれば独学でも十分に合格できる範囲です。

 

定冠詞のミスはあまり気にしないでも大丈夫!!

 

ドイツ語を学ぶ過程で定冠詞や動詞の変化形を学習することになると思いますが、ミスしてもあまり気にしなくて結構です。実際の所ドイツの大学に通う日本人学生もしょっちゅう間違えます。ドイツ語の定冠詞に関してはドイツ語の文法学習や作文の時に意識しながら行うと効率てきです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です