ベルリン芸術大学

ベルリン芸術大学の基本情報

ベルリン芸術大学はドイツのベルリンを所在地にしている公立芸術大学です。ドイツ語では「Universität der Künste Berlin」、略して「UdK」と呼ばれる事もあります。2001年11月まではホッホシューレ即ち単科大学でしたが、現在は芸術に関する教育を全般的に行っている大学です。

大学名は芸術大学ですが実際には音楽大学の一面を持っています。作曲家のイグナーツ・ワーグハルター指揮者のブルーノ・ワルターなど数々の著名人を世に出した大学としても有名です。

ベートーベン先生
ベルリン芸術大学はドイツを代表する芸術の総合大学であるぞ!!留学するにも教授の推薦がいたりと難易度が高い大学だぞ!

現在学生数は3600人で学部はファインアート学部と建築・メディア・デザイン学部、音楽学部に舞台芸術学部の計4つの学部から構成されています。ベルリン芸術大学はヨーロッパで最大の規模を持つ事で知られていますが同じく総合芸術大学であるブレーメン芸術大学フォルクヴァング芸術大学とはライバル関係にあります。

ベルリン芸術大学の特徴としてまず伝統を重んじながら多様性を求めるカリュキュラムがある事です。
また4つの学部からさらに40以上のコースが選べるうえに博士号とそれに準ずる学位を取得できる事が出来ます。博士課程および学位の取得はドイツの芸術大学では珍しいですが、留学生の博士論文は英語による執筆も可能です。

ベルリン芸術大学生の生活

ベルリンは首都でありながらドイツの中でも比較的物価の安い都市でもあります。ベルリンでは日本雑貨やラーメン屋やお寿司などの日本食レストランのお店も充実しているので、留学して日本食が食べたい!!という時には気軽に材料を調達することができたり、お昼のランチ時には学生でも比較的安く日本食レストランに行くことができます。

学生の間で人気のイベントと言えば、年に1度の開催されるアートフェアです。アートフェアは大学を一般に公開する催しであり、同時にチャンスを求めるアーティストたちへの機会を与える場として広く知られています。是非ベルリンに留学するなら訪れてみましょう!

ベートーベン先生
ベルリンに留学するならアートフェアには一度行ってみたいものだ!!若き芸術家の作品を目にしておきたい。

ベルリン芸術大学の住まいや住居について

ベルリン芸術大学では大学間協定を基に交換留学プログラムが秋と冬の学期に実施されています。

留学生になれるのは芸術と4学期に開かれるドイツ語授業に意欲的な学生が優先して採用され、毎年約100人程度の学生を大学側は受け入れています。交換留学に参加する学生対象の住居サポートなどはないので、留学する前には街が運営している学生寮などに申し込みましょう。

インターネットやスマホについて

ほとんどの学生寮にはWi-Fiなどインターネットが整備されており、寮によって事なりますが、基本的に月額10ユーロ以内で使用することができます。大学内では大学専用のWi-Fiが使えます。スマートフォンのSIMカードはベルリンにあるスーパーもしくは携帯ショップで取り扱っています。基本的に留学生にはプリペイドタイプのSIMカードをお勧めしています。

日本人の集まり

ベルリンには多くの日本人が住んでいる他、日本語に興味があるドイツ人大学生が多く住む街としても有名です。そのためベルリンには日本人とドイツ人が交流を深める事を目的にスタムティッシュなど様々なイベントがあります。

ドイツ人とタンデムがしたい!という方にもおすすめなので、ぜひ一度訪れてみてはどうでしょうか?

Der deutsch-japanische Stammtisch in Berlin

月に1度日本語を勉強するドイツ人、そしてドイツ語を勉強している日本人が交流を深める事を目的に月に一度スタムティッシュが開催されています。毎月開催日時や場所などがwebサイトに掲載されるので気軽に参加することができます。

スタムティッシュのウェブサイトはこちらから!!

ベルリン芸術大学留学生にお勧め!!

 

ドイツ正規留学の手引き【2018年版】

2017.10.08

「留学の準備はOK?」交換留学に必要な荷物をもう一度リストアップ!!【ドイツ正規留学・留学】

2017.10.06

日本人留学生オススメ!ベルリンお勧め観光スポット・イベント!!

2017.09.01

ドイツ留学するならオススメ!BahnCardで国内旅行を楽しむ【ドイツ留学・ドイツ正規留学】

2017.05.10

日本からドイツへ国際送金するならTransferWiseがおススメ!!

コメントを残す