日本人看護師の私がドイツの看護師免許を取得するまで

ドイツで看護師になりたい人、国際的に看護師として活躍したい人に読んでほしい。ドイツで看護師になるために、私が経験したすべてをお伝えします。

こんにちは、ドイツの病院で看護師として働いているYokoです。

ドイツで働く前、私は日本で看護師として働いていました。ドイツで看護師になったのは昔の事ではなく、つい最近の事で、ドイツの看護師国家試験に合格して看護師になりました。もちろん元からドイツ語が喋れたわけでもなく、一般的な日本の看護師と同様に日本の看護師専門学校そして大学で看護について学んだ後に、日本で看護師として働いていました。

 

「ドイツで看護師になる!」と決意してから実際になるまでの道のりは私がドイツで看護師免許取得するにあたり情報が少なく、しかもドイツ語が堪能なわけでもないので大変な思いをする事もありました。

 

それでも、必要な書類を準備したり、必要なドイツ語能力を身に着けるために語学学校に通ったり、ドイツで看護師免許を取得するプログラムに参加し、現地の病院で6か月に及ぶ実習や講義を受け、そして国家試験に合格してようやくドイツでも看護師になれました。

 

そんな日本で看護師そしてドイツでも看護師として働く私が、この記事を通して、これからドイツで看護師になりたい人、国際的に看護師として活躍したい人へ、私の経験を伝えられれば幸いです。

こうして私はドイツで看護師になると決めた

私がドイツで看護師として働こうと思ったきっかけは大きく2つあります。

  • 国際結婚(相手がドイツ人)でドイツに移住となったこと
  • 日本で看護師をしていたのでドイツでも看護師の仕事がしたかった

私は国際結婚(相手はドイツ人)を機にドイツに移住することになったのですが、それまでは日本で看護師として10年以上病院を始め、クリニック、特別養護老人ホーム、訪問看護、検診センター、医療機器メーカー、治験受託施設など様々な医療現場で仕事をしてきました。

 

そんな私がドイツで生活を始めた当初はドイツ語で生活が出来ることが目標でしたが、徐々にもっとドイツ社会に触れたい気持ちが強くなり、これまでの経験をいかした仕事をしたいと思うようになりました。

 

そしていろいろな情報を得る中で、日本の看護師資格をドイツの看護師資格に切り替えることが可能であることを知り、ドイツの看護師資格を取得することを決意しました。

ドイツで看護師になるために必要だったこと

はじめにドイツの海外から看護師の受け入れについてお話しさせていただきます。

ドイツ政府は2005年以降、移民政策の一貫で様々な職業のバックグラウンドを持つ外国人移住者を対象に、職業支援プログラム取り行っています。特に医療、介護分野においては日本同様、人手不足の現状で多くの外国人労働者の受け入れを目的としています。すでに本国で医師、看護師、薬剤師などの専門資格を取得している場合は、政府機関にてドイツの資格と適合するかどうかの職業認定(Berufsanerkennung)を受けることになります。

 

日本の看護師資格をドイツの看護師資格に切り替える際に必要なことは、まずこの審査を受けなくてはいけません。私は当時、デュッセルドルフ(Düsseldorf)に住んでいたのでノルトライン・ヴェストファーレン州管轄のデュッセルドルフ地区政府機関 (Bezirksregierung Düsseldorf)にで審査を受けました。

 

日本でどのような看護教育を受けてきたのか、看護師としての臨床経験や就業年数がチェックされます。日本から審査で求められている提出書類(書類の詳細は後述)のすべてを取り寄せ、ドイツ語に翻訳し(認定されている翻訳者によって翻訳してもらう必要があります)提出しました。

ドイツで看護師になるために必要な書類と看護師になるために参加したプログラム

私が審査を受けた時に必要だった書類は以下の通りでした。

審査に提出した書類
  • 就学証明書、修了証明書、卒業証明書、入学証明書(高校から専門学校・大学まで)
  • 専門学校・大学で取得した科目と単位数の証明書
  • 看護師免許書
  • 就業証明書
  • 身分証明書(パスポートと移住許可証)

審査の結果が送られてきたのはすべての書類を提出して6ヶ月後でした。

審査の結果、私がドイツの看護師免許を得るには320時間の病院実習(外科と内科病棟)と160時間の在宅看護実習を実施することと、看護師国家試験(実技試験と口頭試験)に合格しなくてはいけないという判定でした。

 

この判定結果から私は不足している実習時間を満たし、看護師国家試験を受ける為、政府の相談機関であるIQ Network(Integration through Qualification)のアドバイスを得て、職業認定プログラム(Praxisseminar Pflege)を受講することとなりました。

 

このプログラムはMibeg-Institut Medizinという民間企業が6ヶ月のプログラム(3ヶ月の実習と3ヶ月の講義の開講、看護師国家試験を実施)を実施し、これらにかかる費用は欧州連合(EUROPÄISCHE UNION)が負担、参加者の自己負担は全くありませんでした。授業で使う専門書なども無料で配布されました。

6か月に及ぶ病院実習と講義はとっても忙しい

看護学校の様子/提供:Yoko

看護学校のクラスメート達/提供:Yoko

上記でも紹介したドイツの職業プログラムを受講する条件は、審査によりドイツで看護師資格取得可能と認定された者、ドイツ語習得レベルがB1以上の者ということでした。ドイツ語B1のために通った語学学校は記事の後半で紹介し、ここで簡単に私が受講した職業プログラムの内容を説明します。

看護師になるための職業認定プログラム(Praxisseminar Pflege)の講義と実習
  • 実施場所:看護学校(講義受講と口頭試験)、総合病院(実習と実技試験)
  • 期間:6ヶ月
  • 内容:講義と実習(各3ヶ月)+ 看護師国家試験(実技と口頭試験)

教員、講師による講義:看護概論、看護理論、医療倫理、看護技術(医療処置においての 清潔操作)、医療における法律(ドイツの健康保健システム、医療現場での医療従事者の医療行為における法的順守、個人情報の守秘義務)、ドイツ語による記録方法について、内科、外科、産婦人科、領域の各疾患の病態や診断、治療法と看護について

  • 実習場所:総合病院の内科、外科病棟        
  • 費用:無料(試験代も含む)
  • 受講者:12名

看護学校での講義と毎日の猛勉強

看護学校は私の住む隣の市にあり、毎朝電車で片道1時間半かけて通学し、3ヶ月間、月曜日~金曜日、8時か~15時まで授業を受講しました。

日本人の私を含め参加者は12名で、アフガニスタン、イラン、イラク、シリア、ウガンダ、ゼルビア、アルバニア、インド、という様々な国籍で、年齢、性別、これまでの職業経験、ドイツの看護師免許を取得する理由もそれぞれ違いましたが、共通点は本国で看護職に就いていたということでした。

 

授業は全てドイツ人教員と講師によりドイツ語で行われました。医療の専門用語をドイツ語だけでなくラテン語で習い、理解しなくてはならず授業についていくだけでも大変でした。

授業後は自宅で毎日4~5時間予習、復習に時間をあて、週末の休みは1日中家で勉強をしていました。常に専門書(辞書のようにすごく分厚く重い)を持ち歩いていたことから他の受講者からかわれたりもしましたが、気にせずマイペースで学習に取り組んでいました。

 

6ヶ月後に国家試験を控えていること、受験は2回しかチャンスがないということが私にとって大変プレッシャーでした。そんなストレスを抱えた私を夫は時に調べ物を手伝ってくれたり、家事を全て引き受けてくれたりいろいろサポートしてくれました。

病院実習の中身とドイツだから苦労したこと

実習病院は3か所の病院で実施され、12名の参加者はそれぞれの病院に振り分けられました。私はキリスト教系の500床程度の総合病院の外科病棟に配属され、月曜日~金曜日、7時30~から16時まで(8時間実習+休憩30分間)で実習を実施しました。

 

内容は術前の処置、術後の患者の清拭、おむつ交換、ドレーン管理、創傷処置、血糖値測定、点滴、インシュリン注射や内服薬の投薬、カルテの記録などで、その日の勤務の看護師の指示を受け看護業務を行いました。

 

日本の看護実習では一人の患者を受け持ち、看護計画を立てじっくり患者さんとコミュニケーションを取りながら看護を実施し、記録という流れで実践の看護を学習することに重点が置かれていますが、ドイツでは実習生は看護師と同様に業務を行うことが教育とみなされていることを知り驚きました。

 

私は日本で働いた経験があるので業務そのものは行えますが、ドイツの看護師資格の無い身で、責任のある業務を実施することに対しての不安があり、医療事故を起こさないよう常に細心の注意を払っていました。状況によっては有資格者の看護師が実施したほうが安全であると思ったときは、その旨を伝え代わってやってもらうこともありました。

 

ドイツ語でのコミュニーケーションですが高齢で、耳が聞こえにくい、認知症のある患者の場合、ドイツ語で話しかけても通じないこともあり、筆談や家族を通してコミュニーケーションを取ることもありました。また外国人の患者(シリアからの移民など)で全くドイツ語を話せず、身振り、手ぶりするも理解が得られずどうにも意思の疎通が図れない場面にも遭遇しました。

 

また病棟の看護師との関わりですが、日本人の実習生の受け入れは初めてということで大変珍しがられました。日本の看護師の仕事について、ドイツの看護師の仕事との違いなどもよく聞かれました。看護師や他の実習生の多くが、スラングや口語のドイツ語で話すので私は時に理解できないことや聞き間違えることもあり、コミュニケーションを図ることの難しさを大変感じました。

講義と実習を終えついにドイツの看護師国家試験

6ヶ月の講義と実習のプログラムが終了後、ドイツの看護師国家試験を受けなくてはいけません。通常のドイツの看護師国家試験は実技試験と口頭試験筆記試験がありますが認定プラグラムの場合は実技試験と口頭試験のみの受験でした。

実技試験は病院指導者と看護教員の2名が試験官で朝の9時から12時の3時間行われました。私が受験した時の実技試験は次の順番で実施されていました。

実技試験のながれ
  1. 試験当日に受け持ち患者を指導者から提示される
  2. カルテより患者の情報収集
  3. 看護計画立案
  4. 看護処置で使う物品を準備し、患者に実施する内容を説明し承諾を得る
  5. 試験官に患者紹介と看護計画をプレゼンテーション(試験官より質問あり)
  6. 試験官の立会いのもと、看護処置の実施
  7. 実施した内容をカルテに記録し、試験官に報告する
  8. 終了後、合否の結果の発表

 

試験前夜は緊張であまり眠れませんでした…

 

ドイツは電車の遅延がたびたびあるので、試験におくれないよう少し時間の余裕をもって病院にむかい、病院内で試験の時間まで待機していました。

試験では筆記用具以外の持ち物は禁止されていて(携帯電話、電子辞書など)私は筆記用具のみを持ち、実習病棟に試験開始時間10分前に行きました。

 

試験官の指導者は病棟の責任者と実技試験について打ち合わせをしていました。試験開始時間の9時になり病院指導者から受け持ち患者名を伝えられました。その後、1時間半の時間が与えられ、カルテから患者の情報収集をして、看護計画を立て処置に必要な物品を揃えました。

 

試験中に失敗がないように何度も頭の中で処置の手順を思い返しました。そして定刻になり、試験官2名に患者紹介と看護計画の説明し、ともに患者の部屋に入室し、患者に処置の説明が行われました。50代の男性で、ヘルニア手術後の患者でしたが術後の経過は良好で、心身共に安定しており、コミュニケーションを取りながら創傷の処置を適切に行うことが出来ました。

 

翌日に退院予定だったので日常生活の過ごし方についての退院指導も実施しました。その後、実施した内容をカルテに記載し、試験官に報告し、試験は終了となりました。

 

試験官から試験の感想を聞かれ、

「緊張したけれど思うようにできた」

と伝えると試験官二人は笑顔で合格したことを私に伝えました。

その後、病院の招待で院内のカフェテリアで試験官とともに昼食を取ることになりましたが、試験を終え、合格した解放感と疲労感で私は全く食欲がなくコーヒーのみをいただきました。

夫にも試験の合格を報告し、喜んでくれました。

「まず第一関門の試験はクリアーできた!」

という喜びと自信で残りの実習は気負いなく取り組むことが出来ました。ただ残念ながら1名の受験者は不合格でした。

 

国家試験の口頭試験は医師を含む6人の試験官によって行われました。

口頭試験について
  • 場所 看護学校
  • 試験官 6人 (医師 1名、役所より職員1名、教員4名)
  • 試験日時 2日間(受験者12名)、各受験者の試験時間1時間
  • 試験内容 内科、外科、産科の20疾患の中から出題、状況設定形式で疾患、検査、治療、看護についての質疑応答

口頭試験は2日間にわたり看護学校で実施されました。試験会場はかなり厳粛な雰囲気で

受験者は試験時間まで指定された待合室で待機し、他の受験者と会うことは許されませんでした。私の試験は2日目に予定されていて、試験当日は少し早めに会場に行き、待機室で試験に備えて準備した資料を再度読み返していました。

 

自分の時間になると試験の部屋に案内されて、1枚の用紙が手渡されました。見ると文章が書かれており

「この文章を15分間で読み、理解するよう」

に指示されました。

 

腎臓疾患患者の入院までの経緯や入院中の様子が記載されていました。

15分経過後、他の部屋に案内され入室するとそこには6人の試験官がいました。用意された席に着くと試験官から挨拶があり試験が開始されました。

 

最初に文面に記載されていた患者について説明するように言われ、出来るだけゆっくり、はっきり、大きな声でしっかりと各試験官の目を見ながら話をしました。また、出来る限りたくさん話すように努めました。その後、3人の試験官より質問がありました。

 

1名は医師で疾患や診断、検査方法、治療について聞かれました。また2名の教員からは看護について質問がありました。わからない質問に関しては、わからないことを伝え再度説明をしてもらいました。緊張していたものの試験は思っていた以上にスムーズに進み、終了となりました。

 

終了後、受験者、学校教員、各病院の指導者、このプラグラムを主催したMiebeg-Institut Medizinの職員と懇親会が催され、それぞれ受験者の口頭試験の合否と看護師国家試験の合否が発表されました。私の結果は口頭試験と実習試験の両方が合格し、看護師国家試験を無事合格となりました。残念ながら2名の受験者は不合格でした。

その後、9月に犯罪証明書と口頭試験と実習試験の合格証を保健所に申請し1ヶ月後に正式な看護師免許証を取得しました。そして、就職活動を行い12月末に内定、2019年1月から勤務し現在に至ります。

ドイツと日本で看護師として働いた私が思う日独の違い

まず私が感じたことは看護教育と看護感の違いです。

私は日本の看護師専門学校と大学で看護について学んできました。

例えば長期療養の患者さんにどのように看護アプローチをしていくのか、個々の患者さんの発達段階や生活背景を理論にのっとって検討していきますが、ドイツではそのような概念はなく、看護師は職業色が強く、業務をこなすことに重きが置かれているように感じました。

 

授業でも看護理論について学びましたがわずかな時間で、講義の時間は日本よりはるかに少なく、実習時間の方が多いです。ドイツの看護学生は大半がアビトゥーア(Abitur)と呼ばれる日本の高校資格のようなものは持たず、15歳からアウスビルドゥング(Ausbildung)よばれる職業訓練学校(看護学校)の病院で働きながら(有給の実習)3年通い、その後看護資格を取得します。そのこともあり看護のとらえ方のギャップを、現場の看護師と働く中で感じました。

 

日本やアメリカでは看護が学問として確立されていますが、ドイツは最近になって少しずつ取り入れているものの看護大学も無く、看護の質について考えさせられました。

私は無給の実習生だったので、実習生が実際いくら稼いでいるのかわかりませんが、病棟での看護業務は多いものの、看護師は少なく、実習生が大きな即戦力にもなっているように思えました。

 

私は現在、キリスト教系の病院の心臓カテーテル検査室で働いています。

狭心症や心筋梗塞、不整脈等、循環器疾患の検査や治療などに携わっていますが毎日40件近くの件数でとても忙しいです。病棟と違い患者さんと接することは少ないですが、検査や治療に際し多くの患者さんが不安を持っているので、少しでも和らげるように対応することを心がけています。

 

ドイツの看護師の給料ですが、病院により多少違いはあると思いますが、日本と同じくらいのように思います。

ただドイツは日本に比べて税金が高いため、手取りの給料はかなり低くなります。良い所は、有休が年間30日取れる 病気になった場合は病休が取れる、子供が病気になった場合も子供の付き添いで病休が取れる、といったところはドイツで働く長所だと感じます。

看護師として働くためにドイツ語は欠かせないが、私もゼロからのスタートだった

ドイツ語ゼロからのスタートで、まず私はVHSのドイツ語コースに通いました。

VHS (Volkshochschule) とはドイツの各州で運営されている市民学校(カルチャースクール)のことで市民が格安で語学(ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、日本語など)をはじめ様々な文化教養(ダンス、絵画、歴史、コンピューターなど)を学ぶことが出来きます。

 

私はここでドイツ語A1~C1を習いました。A1、A2コースの初級コースは、アフガニスタン、イラン、イラク、シリア等からの移民の人が多く、日本人や中国人などアジア系は少なかったです。年齢も様々ですが平日の午前中のコースは子供が学校に行っている間に勉強したい主婦が多く来ていました。

 

講師は語学講師や元教員などの教育現場で経験がある人で、外国人の対応に慣れたフレンドリーな先生が多かったです。授業はテキストに沿って文法をしっかり学習し、授業も他の学生とコミュニーケーションがとれるように、グループワークを取り入れるなどの工夫がされていました。授業の雰囲気は全体的に和気あいあいとした感じでした。

ただこの段階ではドイツ語を習得して仕事をしたい、大学に進学したいなどの明確な目標のある受講者は少なかったです。

 

B1コース以上になると既に仕事についていてドイツ語をさらに学びたい、大学に進学したいという受講者もいて、私も励みになりました。B1のコースを受講し終えた段階で、ドイツ語検定(Telc Deutsche B1)を受験しました。Telcの試験対策用のテキストを購入し試験までの1ヶ月半は自己学習をしました。口頭試験はYoutubuの試験対策動画を見て勉強しました。

 

試験はVHSでも実施されていて、申し込みはオンラインでも出来ます。ただいつもB1の検定は受験者が多くすぐに予約が埋まってしまうため早めに申し込むのをおすすめします。

B1試験は時間の制限があるので時間配分をすること、口頭試験ではしっかり、大きな声で、出来るだけたくさん喋ることがポイントだと思います。試験結果は1ヶ月半後に郵送で送られてきました。

 

ただ実際に職場でドイツ人と接してみて思うことは、ドイツ人でも正しいドイツ語を読み書きできる人は少ないです。特に若い人は口語やスラングを使い、しかも早口な為、聞き取ることが難しいです。これはドイツ人同士でもあることで例えば患者が若い看護師のドイツ語が理解できず聞き返す場面も度々あります。このように実生活でドイツ語を学ぶことの大切さを感じています。

クラスメートとの集合写真/提供:Yoko

クラスメート達とパーティー/提供:Yoko

これからドイツで看護師になりたい方へ

日本の看護師がドイツで看護師免許を取得することは可能です。

日本で看護師経験ありドイツ語さえ出来ればドイツの看護師資格を取得することは難しいことではありません。私の場合ドイツ語学習1年半とコース6ヶ月の計2年でドイツの看護師資格を取得することが出来ました。

私はこの経緯の中で資格取得だけではなく、ドイツという国、ドイツ人のメンタリティ、ドイツ人とともに働くこと、ドイツと日本の医療システムの違いなど多くのことを知り貴重な体験をすることが出来ました。

これからドイツで看護師になりたい方はぜひ挑戦してみて下さい!

著者:Yoko/編集:井上誠志



ドイツで看護師になりたい人、国際的に看護師として活躍したい人に読んでほしい。ドイツで看護師になるために、私が経験したすべてをお伝えします。

2 件のコメント

  • ブログ読みました!
    私も今ドイツに来てちょうど一年、VHSでドイツ語を習っている者です!

    これから丁度看護師のAnerkennungをはじめるところでしたので、
    今後の流れがとてもわかりやすく書いてあるのをみて本当にタメになりました^^

    日本のカリキュラムなら、Voll-Anerkennungのお返事が来るのかなと勝手に思っていたので、
    そんなに長い時間の実習時間が課せられることもあるときいてとても驚いています。

    さて、質問なのですが、
    日本語からドイツ語の看護師免許書き換えに伴って、
    ドイツ語B2って必ず必須だと思っていたのですが、
    筆者さんのご経験では、

    まず看護出身校のカリキュラムなどを提出し、州から授業や実習分の不足・充足の判定が下って(6か月)から、
    ドイツ語B2の試験結果を提出する前に、
    職業訓練プログラムを受講されたということなのでしょうか?

    今の私のレベルでは、B2の試験が一番ネックになっているところでもあるので、
    とても時間がかかりそうだったものですから
    それ以外のことが先に済ませられるなら順序良くやっていきたいのです、、

  • ブログ拝見させて頂きました。
    とても貴重な実体験が書かれており、勉強になりました。
    僕は日本で作業療法士の仕事をしており、
    現在ドイツで語学学校に通っています。
    僕も将来ドイツで作業療法士として医療の現場で
    勤務したいと考えています。
    作業療法士の職種もドイツでの免許切り替えや働くことは可能でしょうか?
    医療現場で働いている日本人や現地の方との
    接点がまだ見つからず、模索しています。
    何かアドバイス等頂けると幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。