日本人看護師の私がドイツの看護師免許を取得するまで

ドイツで看護師になりたい人、国際的に看護師として活躍したい人に読んでほしい。ドイツで看護師になるために、私が経験したすべてをお伝えします。

こんにちは、ドイツの病院で看護師として働いているYokoです。

ドイツで働く前、私は日本で看護師として働いていました。ドイツで看護師になったのは昔の事ではなく、つい最近の事で、ドイツの看護師国家試験に合格して看護師になりました。もちろん元からドイツ語が喋れたわけでもなく、一般的な日本の看護師と同様に日本の看護師専門学校そして大学で看護について学んだ後に、日本で看護師として働いていました。

 

「ドイツで看護師になる!」と決意してから実際になるまでの道のりは私がドイツで看護師免許取得するにあたり情報が少なく、しかもドイツ語が堪能なわけでもないので大変な思いをする事もありました。

 

それでも、必要な書類を準備したり、必要なドイツ語能力を身に着けるために語学学校に通ったり、ドイツで看護師免許を取得するプログラムに参加し、現地の病院で6か月に及ぶ実習や講義を受け、そして国家試験に合格してようやくドイツでも看護師になれました。

 

そんな日本で看護師そしてドイツでも看護師として働く私が、この記事を通して、これからドイツで看護師になりたい人、国際的に看護師として活躍したい人へ、私の経験を伝えられれば幸いです。

目次

こうして私はドイツで看護師になると決めた

私がドイツで看護師として働こうと思ったきっかけは大きく2つあります。

  • 国際結婚(相手がドイツ人)でドイツに移住となったこと
  • 日本で看護師をしていたのでドイツでも看護師の仕事がしたかった

私は国際結婚(相手はドイツ人)を機にドイツに移住することになったのですが、それまでは日本で看護師として10年以上病院を始め、クリニック、特別養護老人ホーム、訪問看護、検診センター、医療機器メーカー、治験受託施設など様々な医療現場で仕事をしてきました。

 

そんな私がドイツで生活を始めた当初はドイツ語で生活が出来ることが目標でしたが、徐々にもっとドイツ社会に触れたい気持ちが強くなり、これまでの経験をいかした仕事をしたいと思うようになりました。

 

そしていろいろな情報を得る中で、日本の看護師資格をドイツの看護師資格に切り替えることが可能であることを知り、ドイツの看護師資格を取得することを決意しました。



ドイツで看護師になりたい人、国際的に看護師として活躍したい人に読んでほしい。ドイツで看護師になるために、私が経験したすべてをお伝えします。

2 件のコメント

  • ブログ読みました!
    私も今ドイツに来てちょうど一年、VHSでドイツ語を習っている者です!

    これから丁度看護師のAnerkennungをはじめるところでしたので、
    今後の流れがとてもわかりやすく書いてあるのをみて本当にタメになりました^^

    日本のカリキュラムなら、Voll-Anerkennungのお返事が来るのかなと勝手に思っていたので、
    そんなに長い時間の実習時間が課せられることもあるときいてとても驚いています。

    さて、質問なのですが、
    日本語からドイツ語の看護師免許書き換えに伴って、
    ドイツ語B2って必ず必須だと思っていたのですが、
    筆者さんのご経験では、

    まず看護出身校のカリキュラムなどを提出し、州から授業や実習分の不足・充足の判定が下って(6か月)から、
    ドイツ語B2の試験結果を提出する前に、
    職業訓練プログラムを受講されたということなのでしょうか?

    今の私のレベルでは、B2の試験が一番ネックになっているところでもあるので、
    とても時間がかかりそうだったものですから
    それ以外のことが先に済ませられるなら順序良くやっていきたいのです、、

  • ブログ拝見させて頂きました。
    とても貴重な実体験が書かれており、勉強になりました。
    僕は日本で作業療法士の仕事をしており、
    現在ドイツで語学学校に通っています。
    僕も将来ドイツで作業療法士として医療の現場で
    勤務したいと考えています。
    作業療法士の職種もドイツでの免許切り替えや働くことは可能でしょうか?
    医療現場で働いている日本人や現地の方との
    接点がまだ見つからず、模索しています。
    何かアドバイス等頂けると幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。