ドイツ留学×サッカー『ドイツ6部リーグに所属して学んだ事』

2018年の4月、僕は高知大学を休学してドイツ留学に来ました。

ドイツ留学に来た僕が絶対にしたかったのが「ドイツ人と一緒にサッカーをする」事でした。

 

留学からそろそろ1年が経とうとしています。

 

結果から言うと、6部リーグの下部組織に入団して11試合出場して1ゴール、1アシストして6部の試合にも1試合出場しました。

 

もちろん満足な結果ではなかったですが、ドイツ人やドイツサッカーから本当にたくさんの事を学び経験し、一つ一つの出来事が貴重な思い出です。

 

今回、そんなドイツサッカー6部の下部組織に所属している僕がドイツで経験した事「サッカーチームに入団するまでの経緯」や「サッカーから学んだ事、苦労した事」など自分のドイツで経験した事を改めて振り返りまとめて見る事にしました。

 

もし、これからサッカー留学を考えている方の少しでも役に立つ事ができたら嬉しいです。

僕はドイツでサッカーがしたかった。

 高知大学から初めて短期留学でドイツに来た僕はサッカーをしたい欲にかられていました。

この時の僕は、悩んでいてもしかたがないと思い、とにかく片っ端から近隣のチームにメールを送ります。

 

でも結局、返信が来たのはたった1チームだけでした。

 

しかも、その連絡も僕が短期間での滞在のため断りの連絡でした。

 

最後のチャンスをかけてSCハイデルベルクの試合を観に行き、試合後、僕は覚悟をきめてチームの監督に

 

「Ich möchte mit euch spielen!!(あなたたちとプレーしたい)」

 

と頼み込み、とりあえず練習参加の許可を頂き、それからU-23チームの練習に参加し、練習生として受け入れてもらうことになりました。

 

そしてシーズンが終わりに近づき、練習生としてのU-23の練習もラストスパートに入った頃…

 

なんと所属している

SGハイデルベルクから来シーズンの試合出場のオファーが!!

 

急いで僕は両親と話し合い、必要な手続きも済ませ、その2018年の4月からドイツサッカーチームへ正式に入団する事ができました。

 

こうして僕のドイツ留学はスタートをきります。

【ドイツ留学×サッカー留学】だけじゃない僕の日常生活

所属していたSGハイデルベルクにてサッカー練習の様子

平日の生活

ドイツに渡って、最初の5か月間はハイデルベルクにあるドイツ語学学校(F+U Academy of Languages Heidelberg)に通っていました。

 

放課後は、サイクリングをして近隣の町へ行ったり、ハイデルベルク大学生の友達とタンデム(日本語を勉強しているドイツ人とドイツ語を勉強している日本人が互いに勉強する事。)を行ってドイツ語力向上に励んでいました。

 

ドイツに到着して3週間がすぎる頃には週2回サッカーチームの練習も始まりました。

 

また留学して2ヶ月が経つことには、ワールドカップが始まり、町にある大学の敷地内で行われたパブリックビューイングで留学生の友達と一緒に日本代表を応援していました。

 

周りには対戦相手国のサポーターたちも観戦しており、観ている僕たちと白熱した応援合戦を繰り広げました。コロンビア戦での大迫選手の決勝ゴールでコロンビア応援団の前で喜びを爆発させたり、ベルギー戦でのアディショナルタイムのベルギー代表の超高速カウンターに敗れ、ベルギー応援団の前で悔しがったりと互いに感情を爆発させていました。

 

他にもドイツ人の友達とドイツ代表の試合を観戦したり、ワールドカップ決勝戦はフランス人の友達と観たりと、サッカーを通じてできた友人関係も良い思い出です。

 

7月に入ると、地元のスポーツ・オンラインショップで週に2〜3回のアルバイトも始めました。

 

日頃はお客さんとして利用していたので、いつもは入れないお店の裏側を見ることができたり、実際に働いてみて日本とドイツの労働環境の違いも身に染みて感じました。

自分が昔から興味をもっていた仕事だったのでアルバイトを通じて大変勉強になりました。

 

こうして留学して3ヶ月経つころには週2回アルバイト、週2回タンデム学習、週2回サッカーの練習という平日の生活が定着していました。

平日の生活
  • 平日の午前中は語学学校でドイツ語の勉強
  • 週2〜3回スポーツショップでアルバイト
  • 週2回タンデムパートナーとドイツ語練習
  • 週2回所属クラブでサッカーの練習

休日の生活

土曜日は友達と旅行に行ったりやブンデスリーガの観戦、そして日曜日はチームの公式戦があります。

 

冬の季節にはオクトーバー・フェストやクリスマス・マーケットに訪れドイツならではの体験をしてみたり、また国内外の旅行では、格安航空機や高速バスのおかげで、お得に様々な国や地域を訪れる事ができました。

 

ドイツ隣国へ観光やヨーロッパで活躍する日本人サッカー選手に会いに行ったり、これもなかなか日本では経験できないものばかりでした。気軽に国外へ旅行できるのも陸続きのヨーロッパだからこそだと思います。

休日の生活
  • 日曜日はサッカーの遠征や試合
  • 土曜日は日本人サッカー選手に会いに行ったり、友達とサッカー観戦。

僕が実践していたドイツ語勉強方法や通っていた語学学校について

僕のドイツ語勉強は語学学校で文法を学びつつ、外へ出てドイツ人とタンデムを通して交流することで、インプットとアウトプットを繰り返していました。

 

ハイデルベルクの語学学校に入ったときはA1コース(ドイツ語検定5級〜)の後半からスタートでした。初めは日本の大学で2年間ドイツ語を勉強していたこともあり、復習が中心でした。

 

A2コース(独検4級〜)に入ると大学では学んでいなかった、新しい文法の授業も初まるなど、さらに勉強へのモチベーションが上がってきました。

また「インプット・アウトプット学習」の甲斐もあり語学学校で課されるテストも順調にクリアできました。

 

しかし、3か月たったころからドイツ生活に慣れてきたことも影響しているのでしょうか…

少しドイツ語学校に物足りなさを感じてきました。

 

自分では語学学校にはもちろん先生以外にネイティブスピーカーはいないので非常に会話がゆっくりで、さらには他人のミスも自分のミスもすぐにわかるようになったからだと思っています。

 

このころからカフェやレストラン、スーパー時にはバーに行ってドイツ人と積極的に会話したり、町で聞こえてくる会話に耳を傾けてみたりするようになりました。

 

その中でも1番よい学習の場だったのは、サッカーチームのクラブハウスです。

 

クラブハウスには綺麗なシャワー付きロッカールームや医務室、会議室、レストランなどがあり、行けば誰かに出会い、いろんな会話が聞こえてきます。特にサッカーの言葉や若者が集う場ということもありスラング(若者言葉)の勉強にもなりました。

 

なので語学勉強には語学学校だけではなく、実践でドイツ語が練習できる場所に行く事も大事だと思います。

通っていたドイツ語学学校はこんなところ!

僕がドイツに来て感じたドイツサッカーの印象と日本のサッカーとの大きな違い

所属していたSGハイデルベルクのスタジアム

 

ドイツでサッカーをして感じたことは沢山あり、まず間違いなく言えることは

サッカーをする環境の良さ

です。

 

小さいころから芝生のグラウンドでのびのびとサッカーができる環境、その辺の普通の公園に常設のゴールがある環境、小学生から大人のアマチュアの試合までたくさんの人が試合を見に来ている環境。

 

プロサッカーにももちろん違いはありますが、アマチュアサッカーにおける環境はドイツの方が優れていると感じます。また、どこかにご飯を食べに行けば、そこでブンデスリーガを見ることができるなど、そういうサッカーが日常に溶け込んでいる姿がいろんな場面で見受けられました。

 

ただテレビでやってるからサッカーを見る、友達や家族と遊ぶ手段の一つだったり、誰でもどういう形でも日常的にサッカーに関われる環境がドイツでサッカーが日本よりも根付いている理由の一つかなと思います。

 

プレーの観点からみると、プレーのスピードやボールの芯をとらえる技術、球際の強さ、試合中の感情表現には強く印象を受けました。とにかくものすごいスピードで前へ行くし、1対1の場面もすごい勢いでドリブルをしかけてきます。

 

また、ボールを蹴るときの音で芯をとらえているんだなとわかるし、そこから繰り出されるパワフルなシュートはとても魅力的です。

 

球際はさすが屈強なドイツ人、強い。しかし、少々ダーティーな戦い方をしてくる選手もいますが、これもサッカーなわけで、球際の戦いってとても魅力的だなと感じさせてくれました。

 

最後に感情表現。ゴールが決まればとても喜び、ファールを受ければとても痛がり、納得いかなければとても怒り、試合に負ければとても悲しみ。

 

もちろん良くない場面も多々ありますが、自分の感情をピッチ上で表現することでいろんなことが生み出されているなと感じました。

実際にドイツサッカーチームに所属して感じた苦労や思い出

サッカーをして感じた苦労は言葉の壁です。

 

ドイツ語の基本的なことは日本で勉強してきたが、サッカー用語はわからないし、練習中や試合中に仲間にどのように指示出せばいいのかもわかりませんでした。

 

僕は、チームで守備的な中盤のポジションを任されていました。献身的な守備を評価されてのことだと思います。しかし、守備をするとき、仲間と協力してボールを奪いたいのにも関わらず、うまく仲間を動かすことができませんでした。

 

何か互いに考えにすれ違いが生じたとき、自分の意図を仲間に伝えられなかった事もあります。

リーグ戦にはほとんど出場させてもらいましたが、サッカーを楽しむ傍ら、言葉の壁にもどかしさを感じる日々がそこにはありました。

 

しかし、それではダメだと思い、積極的にドイツ語の勉強をしました。

 

僕の周りには、サッカーに詳しく、ドイツ語も日本語も上手な人というのはいなかったので、自分から積極的にドイツ語のサッカー解説動画を見たり、チームメイトと一緒にブンデスリーガを見たり、サッカーゲームをしたり、チームメイトがどのシーンでその言葉を発したのかを観察したりしました。

 

サッカーだけに限りませんが、語学学校だけでは学べないところを少しでも工夫して取り組む必要があるのかなと思います。

最後にこれからドイツへサッカー留学する人へ

僕はサッカーをするためだけにドイツへ行ったわけではありませんが、サッカー留学で来た人と似たような経験をしたと思います。

 

一つ感じることは、「成功するための道は一つではない」という事です。

やり方はたくさんあります。

誰かに協力してもらう事。

一から自分で門をたたきにいく事。

地道に下からコツコツとやっていく事。

初めから一獲千金を夢見て高みへチャレンジする事。

 

これ以外にも選択肢はあるはずです。だから、自分で道を限定するのではなく、いろんな道から夢や目標に向かってアプローチしてほしいと思います。

 

応援しています。

 

著者:田中宣仁(twitter)/編集:井上誠志(twitter)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。